期待の成分 クロセチン 期待の成分 クロセチン

近視の進行と抑制にかかわる、遺伝子に注目 近視の進行と抑制にかかわる、遺伝子に注目

近視と関連があると考えられている遺伝子はいくつかあります。そのなかでも、EGR1という遺伝子は、近視進行をおさえる働きを持つといわれています。

そして、EGR1遺伝子を活性化するものにクロセチンという成分があります。
慶應義塾大学医学部 眼科学教室の近視研究チームが、「EGR1を活性化する食品成分」を探したところ、「クロセチン」が群を抜いてEGR1遺伝子を活性化させることがわかりました。

クロセチンの近視進行抑制効果

EGR1を活性化する食品成分、クロセチン EGR1を活性化する食品成分、クロセチン

ヒト由来の細胞に、数百種類の目によいといわれる食品成分を添加したときのEGR1の発現量を、何も投与していないときを1として比較しました。
ほかの成分に比べて、クロセチンは非常に高いEGR1活性を認めました。

データ:Mori K, Kurihara T et al.(2019)

クロセチンとは?

クロセチンは、クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素です。いくつかの生薬にも含まれ、古くから人々の健康に役立ってきました。

クチナシの実 クチナシの実

クロセチンの働き

クロセチンは、ニンジンに含まれているβ-カロテンなどの仲間(カロテノイドの一種)で、抗酸化作用のある成分です。
他のカロテノイドに比べて、体内にすばやく吸収されるのが特徴的で、さまざまな働きが注目されています。

・近視の進行抑制。・目の疲労回復促進。・シミ・くすみの改善。・睡眠の質を高める。 ・近視の進行抑制。・目の疲労回復促進。・シミ・くすみの改善。・睡眠の質を高める。

たとえば、こんな食品にクロセチンが含まれている たとえば、こんな食品にクロセチンが含まれている

栗の甘露煮 1個(20g)あたり:クロセチン 0.028mg 栗の甘露煮 1個(20g)あたり:クロセチン 0.028mg

データ:食品衛生学雑誌, 37(6), 372~377(1996).

クロセチンの近視進行抑制効果

慶應義塾大学と大阪大学、ロート製薬の研究グループは、クチナシ由来の色素成分「クロセチン」が小児の眼軸長伸長・屈折度数の近視化を有意に抑制することを確認しました。

クロセチンのはたらき クロセチンのはたらき

眼軸長変化、屈折(等価球面度数)変化、脈絡膜厚の変化 眼軸長変化、屈折(等価球面度数)変化、脈絡膜厚の変化

6歳~12歳の弱度から中程度の近視( -1.5D~-4.5D )の男女69人を対象に試験を行い、クロセチン7.5mgを含むソフトカプセルを1日1回、24週間服用してもらうと、クロセチンの入っていないプラセボを服用した群に比べ、近視進行を有意に抑制する効果があることが確認されました。

データ:Mori K, Torii H, Fujimoto S, et al.(2019)