PC(パソコン)・スマホのブルーライトなどによる
疲れ目・炎症に効く
ロートデジアイ®

ロートデジアイ デジタルの世界を楽しもう PC・スマホのブルーライトなどによる疲れ目・炎症に効く 疲れ目対策にピント調節機能促進 ネオスチグミンメチル硫酸塩 炎症対策に細胞修復促進 FAD(活性型ビタミンB2)

ブルーライトを発する機器で
疲れ目、炎症!
あなたも注意!

パソコン・スマホユーザーに聞いた。
デジタル実態調査!

目の疲れは普段どの程度気になっていますか? とても気になっている29.8% 気になっている57.9% どちらでもない7.8% あまり気になっていない4.2% 気になっていない0.4% 87.7%が目の疲れを感じている! 2013年 ロート調べ N=527名
平日、パソコンを利用している時間はどの程度ですか?8時間以上14.4% 6~8時間未満12.1% 4~6時間未満19.9% 2~4時間未満31.1% 1~2時間未満13.5% 1時間未満7.0% 平日は利用しない1.9% 77.5%が1日2時間以上パソコンをしている! 2013年 ロート調べ N=527名

PC作業で目の疲れを感じる人の90%が目の疲れ!現代人の瞳はピンチです!

※ 鴨居瑞加・坪田一男「目の疲れの原因:VDT作業とドライアイ」新しい眼科27(3)(2010年3月号)

スマホ・PCの
ブルーライトダメージに効く!
ロートデジアイ新登場!

※ブルーライトダメージとは、
画面を長時間みることでの目の疲れ

ひとつでも
心当たりのある方の疲れ目に・・・

  • 資料作成など日々パソコンと闘っている
  • 寝る前の暗い部屋でスマホを見る
  • トイレ・電車など、ちょっとした空き時間にスマホを見る
  • 動画サイト、まとめサイトをよく見る
  • テレビを見ながらスマホを見る
  • SNSやメッセージの新着を頻繁にチェックする
ロート デジアイ 目の疲れ・充血に 第2類医薬品

ブルーライトによるデジアイ症候群
その原因を追究すると
黄色い一滴にたどり着きました。

デジアイ症候群、それはブルーライトを多く発するデジタル機器を使うことによる目の疲れ。
デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究し、その対策を詰め込んだ一滴がロート目薬「デジアイ」です。
ピント調節筋に作用し凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。
さらに角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す FAD(活性型ビタミンB2)も配合。この黄色ビタミンは光に対して分解しやすい不安定な成分でしたが、ロート製薬が培った配合技術によって、一般用眼科用薬承認基準内「最大濃度」まで配合することに成功。濃い黄色い薬液には、さまざまな想いがつまっています。

デジタル時代の目薬がここに完成しました。

ブルーライトなどによる目の疲れ、
炎症に効く成分を
基準内最大濃度配合!

※ 一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合

ネオスチグミンメチル硫酸塩
ピント調節機能促進ピント調節筋に作用して疲れを改善する
活性剤ビタミンB2
細胞の修復促進角膜の組織代謝を促進し修復を促す

※デジアイARアプリは2019年6月を以って終了となります。