(2)湿疹の主な症状・種類

<知っておきたい>「湿疹」の正しい知識 (2)湿疹の主な症状・種類

湿疹(しっしん)は、皮膚にかゆみが出て、赤くなったり、皮がむけたりし、程度の差はありますが多くの場合、皮膚の炎症です。進行すると水ぶくれや化膿などの症状が出てくることもあります。また、湿疹にはさまざまな種類があり、成人や子供、高齢者などによっても起こりやすい湿疹があります。ここでは湿疹の主な症状や種類をみていきましょう。

主な湿疹の症状

主な湿疹の症状

湿疹の症状には主に次のものがあります。

かゆみ

かゆみは皮膚に炎症が生じたり、ヒスタミンという物質が体内で発生したりすることで起こります。かかずにはいられないほどのかゆみが出ることもあります。かゆみは弱い痛みだと考えられていますが、最近になってかゆみの原因を作る物質が発見されるなどかゆみに関する研究は日ごとに進められています。

赤いぶつぶつ・ざらざら

皮膚が赤くなることを「紅斑(こうはん)」と呼び、ぶつぶつは「丘疹(きゅうしん)」と呼びます。紅斑が生じるのは毛細血管が拡張するためで、丘疹は毛細血管が増大して血漿(けっしょう)が血管の外に漏れ出すことで皮膚が盛り上がってできるものです。

水ぶくれ

小さな水ぶくれのことを「小水疱(しょうすいほう)」と呼びます。皮膚の表皮という一番上の層に水がたまることで、皮膚が盛り上がって見えます。

化膿

症状がさらに進むと化膿します。化膿は「膿疱(のうほう)」と呼ばれ、傷口から細菌に感染し、炎症を起こして膿んでしまった状態のことです。

びらん・潰瘍(かいよう

びらんとは、ただれのことです。皮膚の表層にある表皮が赤くただれ、欠損している状態です。これが真皮という表皮の下にある層にまで到達すると「潰瘍」になります。潰瘍になると治っても痕が残ります。

かさぶた

かさぶたのことを「痂皮(かひ)」と呼びます。皮膚に膿や血液、表皮の角質などが凝固している状態です。

落屑(らくせつ)

皮がむけてポロポロとはがれる状態のことです。

湿疹の種類 湿疹の種類

湿疹の種類

湿疹にはさまざまな種類があります。まずは一般的な湿疹の種類について、部位別に見ていきましょう。

全身

貨幣状皮膚炎、接触皮膚炎、自家感作性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎

頭(頭皮)

脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎

接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、酒さ様皮膚炎

接触皮膚炎

接触皮膚炎、汗疱(かんほう)、手湿疹

身体(脇、胸、腹、背中、脚、足など)

脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎

次に、よく起こりやすい湿疹について詳しくご紹介します。

種類
  • 接触皮膚炎

    皮膚への物理的刺激やアレルギー反応によって皮膚がかぶれるものです。赤くなったり、水疱ができたりして湿疹症状が出ます。

  • 脂漏性皮膚炎

    頭部や顔、脇など皮脂分泌が活発な部位に出現します。黄色のかさぶたができたり、皮膚が赤くなったりします。

  • 貨幣状皮膚炎

    体に貨幣の形のような円形の湿疹が現れ、強いかゆみが出ます。足や腕、手指や体幹にも生じ、冬にやや多いようです。

  • 自家感作性皮膚炎

    体がもともと持つアレルギー性反応により、全身の各所に赤いぶつぶつが出たり、腫れたりして激しいかゆみが生じます。軽度の湿疹やかぶれが悪化して起きることもあります。

  • 皮脂欠乏性湿疹

    加齢や入浴で体を洗いすぎるなどが原因で、皮脂が減った状態を「乾皮症」といいます。この乾皮症の肌に何らかの刺激が加わり、湿疹になったものです。皮膚がカサカサになり、強いかゆみが出ます。

  • 酒さ様皮膚炎

    「酒さ」という顔が赤くなる症状の病態によく似ている皮膚炎であることからこう呼ばれます。顔に赤みが生じたり、ニキビのようなぶつぶつが出たりします。ステロイドという薬を塗り続けることなどが原因と考えられています。

  • 汗疱(かんほう)

    手のひらや足の裏に直径2~5mmほどの小さな水疱が多く散らばるように出るものです。原因は不明のことが多いですが、金属アレルギーとして生じることもあります。

  • 手湿疹

    「主婦湿疹」とも呼ばれるもので、日常的に接する水や洗剤などで肌のバリア機能が損なわれ、皮脂が少なくなることで生じるのが一般的です。手のひらや指が乾燥して赤くなります。悪化するとヒビ割れてかゆみや痛みが生じることもあります。

最後に、成人以外の赤ちゃんや子供、高齢者の方が起こりやすい湿疹の種類をご紹介します。

  • 赤ちゃんが起こりやすい湿疹の種類

    乳児脂漏性湿疹、接触皮膚炎(おむつかぶれ)、あせも、食物アレルギーによる湿疹、小児乾燥性湿疹(乾燥による症状としてヒビ割れたり粉をふいたりするほか、刺激が加わるとかゆみやかぶれが生じる)など

  • 子供が起こりやすい湿疹の種類

    接触皮膚炎(かぶれ)、小児乾燥性湿疹など

  • 高齢者が起こりやすい湿疹の種類

    接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、貨幣状湿疹など

アイコン
しのぶ皮膚科 院長 蘇原しのぶ先生
監修:しのぶ皮膚科 院長 蘇原しのぶ先生
東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長に就任。2016年にしのぶ皮膚科開業する。日本アンチエイジング外科、美容再生研究会認定医。

正しい情報を掲載するよう注意しておりますが、
誤った情報があればご指摘ください

医療情報に関するご指摘はこちら

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム