その“常識”で大丈夫!?確認必須の紫外線危険度グラフ

その“常識”で大丈夫!?
確認必須の紫外線危険度グラフ

みんなが憧れる“白く美しい肌”をもった女性。そんな女性であり続けるために、まず気をつけるべきなのは「危険を避ける」ことです。

肌を傷つける原因である「紫外線」は、地域や季節などにより、その強さが異なります。
紫外線が強いときほど、より注意が必要ですので、どのような状況だと注意しなければいけないのかを知り、きちんとケアをするようにしましょう。

  1. 1)南に行くほど紫外線が強い。
  2. 2)1年の中では、4月から9月頃までが強い。
    (年間紫外線照射量の7割~8割)
  3. 3)1日の中では、正午を中心とした前後2時間が強い。
    (夏は1日の6割程度。冬は1日の7割程度)。

1日のうちで紫外線が最も降り注ぐのは、やはり日中(10時~13時頃)。
この時間の外出は、できるだけ控えるのが賢明です。

また、紫外線は一年中降り注いでいます。
その照射量は4月頃から増加し、8月にピークに達しています。

快晴の日に比べ、曇りの日の紫外線は約半分の量だといわれています。
これは、言い換えれば、晴れた日に1時間浴びるのと同じだけの紫外線を、曇りの日でも2時間で浴びてしまうということ。
太陽が顔を出していない日でも、油断は大敵なのです。

いかがでしたでしょうか。あなたの生活環境や行動パターンは危険にさらされてはいないでしょうか?
もし、思い当たる点があるのであれば、日やけ止めなどを活用して、肌をきちんとケアしてあげることが大切です。

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る