【ママ必見!】大切な赤ちゃんのためにできること

【ママ必見!】
大切な赤ちゃんのためにできること

大変な出産を乗り越えて、ついにこの世に生まれてきてくれた大切な赤ちゃん。
かわいい寝顔に癒やされた後は、おうちの外を散歩して、ひと休み。
天気のよい日に、近所の公園で日光浴をするママと赤ちゃんの姿は、少し前まで日常の当たり前の一コマでした。
しかし近年、そんな常識に変化が生じているのです。

役所に妊娠届けを提出すると発行される「母子健康手帳」には、子育てに関する様々な情報が掲載されています。
1998年より、その母子健康手帳から「日光浴の必要性」に関する記述が削除されたことをご存じでしたか?
これは、日光浴によるメリットよりも、紫外線の浴びすぎによる健康への影響が問題視されるようになってきたためです。
現在の母子健康手帳では、日光浴ではなく、赤ちゃんを外気や温度差に慣らす「外気浴」を勧める記載に変更になっています。

一説によると、通常の生活を送る場合、人は18歳までに一生に浴びる紫外線量の約50%を浴びてしまうとか。
さらに、子どものときから紫外線をたくさん浴びるほど悪影響が大きいといわれています。
子どもの頃から正しい紫外線対策をとることが、将来の紫外線トラブル抑制にたいへん重要なのです。

赤ちゃんの肌は大人よりもはるかにデリケートです。
そして、赤ちゃんは紫外線からの刺激を自分で防ぐことは出来ません。だからこそ保護者の心配りが必要なのです。
外にはPM2.5や花粉など、気になるものもいっぱい。
日中に赤ちゃんと外出する時は、日やけ止めを塗ってあげたり、帽子や長袖シャツを着用させてあげるなど、大切な赤ちゃんの肌を守る対策を忘れないようにしましょう。

オススメの商品
大切なお子さまを、紫外線や花粉、PM2.5などから守るには「ママはぐ 日やけ止めミルク」がオススメ。
弱酸性で無香料・無着色、低刺激性、鉱物油を使用しておらず、さらにアルコールフリー、アレルギーテスト済み、せっけんで簡単に落とすこともできるという、まさに子どものことを考え抜いて作られた日やけ止めです。

ママはぐ 日やけ止めミルク

お子さまのお外あそびに

ママはぐ® 日やけ止めミルク

化粧品

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る