お肌のことは任せろ!専門家が答える、紫外線に関する8つの質問

お肌のことは任せろ!
専門家が答える、紫外線に関する8つの質問

●日やけは健康的?
日やけはわたしたちの体が紫外線による被害を防ごうとする防衛反応です。
●日やけしていれば、それ以上日光が当たっても平気?
日やけ(サンタン)にも若干紫外線防止効果はありますが、ごくわずかな効果しかありません。肌が黒いからといって油断せず、きちんと紫外線防御をすることが大切です。
●曇った日には、日やけをしない?
曇った日でも日やけをします。薄い雲なら紫外線の8割は通してしまい、大気中のほこりや汚れなどは、紫外線への曝露を増加させることもあります。
●水の中では、日やけをしない?
水の中でも全く紫外線を通さないというわけではありません。また、水面で反射することにより、たくさん紫外線を浴びてしまう恐れもあります。
●冬の紫外線は危険ではない?
一般に冬の紫外線は夏ほど強くはありませんが、紫外線にさらされることに違いはなく注意が必要です。
特に雪に反射すると2倍近い紫外線量となりますので、太陽に近づく高い山の上などは要注意です。
●日やけ止めを塗っていれば、長時間日光を浴びても大丈夫?
塗ってから時間がたつと、洋服でこすれたり汗で流れたりして徐々に落ちてしまいます。定期的に塗りなおすことをお勧めします。
●日光浴の途中で休憩をとれば、日やけを起こさない?
紫外線は蓄積されていくので、休憩をとっても紫外線の影響は現れてきます。
●日光に暑さを感じなければ、日やけを起こさない?
暑さを感じるのは赤外線、日やけや光老化の大きな原因は紫外線です。たとえ肌寒い日でも紫外線は降り注いでいますので、きちんと防ぐことが大切です。

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る