2022年5月18日 更新

卵子は毎日減っている⁉
意外と知らない卵巣のはたらき

  • 卵子
  • 卵巣
  • AMH

時計のイラスト読了時間:4分

英ウィメンズクリニック 理事長 塩谷雅英先生

英ウィメンズクリニック 理事長 塩谷雅英先生

監修

英ウィメンズクリニック 理事長
塩谷 雅英先生

1985年に島根医科大学を卒業すると同時に京都大学産婦人科に入局。京都大学では体外受精チームに所属し、不妊の臨床に取り組むかたわら研究生活を送り、1994年に医学博士(京都大学)となる。研究テーマは受精卵の着床過程の解析。1994年より2000年2月まで神戸市立中央市民病院に勤務。この間、兵庫県初の顕微授精児誕生に貢献。2000年3月より、不妊症専門クリニックとして、英ウィメンズクリニックを開設。

卵巣の2つのはたらき

悩んでいる女性のイラスト

卵巣は体のどの辺りですか?子宮の位置はなんとなく分かるのですが…。

塩谷 雅英 先生

皆さんが思っているよりも、意外と下のほうにあるのですよ。脚のつけ根より少し上のほう、左右にあります。

子宮・卵巣のイラスト

悩んでいる女性のイラスト

意外と下のほうにあるんですね~。
卵巣は、どんな働きをしているのでしょうか?

塩谷 雅英 先生

卵巣には、大きく分けて2つの役割があります。

1つ目は、「卵子を保存する役割」

女性は、約200万個の卵子を持って生まれます。生涯を通じて、卵子を少しずつ排卵させていくために、卵巣は一度に多くの卵子が成長(発育)しないよう抑える役割があります。
実は、この卵子の成長を抑える役割があるのがAMHというホルモンです。

もし、卵子の成長を抑えていないと、生まれ持った200万個の卵子が一気に成長して無くなってしまうので、とても重要な役割と言えます。

2つ目は「女性ホルモンを分泌する役割」

思春期になると、卵巣から女性ホルモンが分泌され排卵が開始します。これを初潮といいます。女性ホルモンが分必されることで卵子の一部が成長していき、排卵の準備ができます。

女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。骨を丈夫にしたり、動脈硬化を予防したりなど健康を維持するための働きや、女性らしいからだを形成する働きがあることが分かっています。

卵子は毎日減っている

女性のイラスト

卵巣が身体を守ってくれているのですね!
昔と比べて「生理の回数が増えたことが妊娠しやすさに悪影響を与える」というのは本当ですか?

塩谷 雅英 先生

そうですね。たとえば江戸時代頃は10代で結婚し、妊娠と出産、授乳を何度も経験していたため、排卵していない時期が長かったと言われています。
一方で現代は、晩婚化により排卵多き時代であることは間違いありません。実際、排卵回数が多いことで、女性ホルモンが過剰に分泌されることで、子宮内膜症、子宮筋腫など婦人病が増えてきています。
こういった婦人病も、妊孕性※(にんようせい)を低下させてしまう原因の1つですね。

妊孕性(にんようせい)とは
妊娠するための力のこと。女性・男性両方に関わることで、卵子や精子、生殖器、内分泌の働きも含まれます。

悩んでいる女性のイラスト

病気のほかに、排卵数が増えたことによる卵子の数への影響はありますか?

塩谷 雅英 先生

排卵が多いから、卵子の数に悪影響があるかというと、そうではないのです。
患者さまのなかにも「排卵誘発させると卵子が早くなくなるのでは?」と心配される方がおられますが、実は、排卵される卵子より、毎日自然に減っていく卵子の数の方がはるかに多いのです。

排卵によって卵巣から出ていく卵子は、全く妊娠しなくても500個程度。実は生まれたときに持っている卵子は200万個位あるのが、50歳位になるとほとんどなくなっていき、閉経します。つまり、何もしなくても毎日数十個の卵子が消えているのです。

卵子が減っていくスピードには個人差がある

女性のイラスト

卵子の数は毎日減っているのですね!驚きました…。
減っていくスピードはみんな同じなのですか?

塩谷 雅英 先生

卵子の成長を抑えるホルモン(AMH)を測ることで、どのくらい卵子が残っているか(卵巣予備能)を推定することができます。卵子がなくなるスピードは人それぞれで、生活習慣よりも生まれ持った体質などに影響されると考えています。
若いうちからご自身のAMHを知っておくのをお勧めします。実際、福岡市では30歳の女性を対象に、AMHをワンコイン(500円)で受けられるサービスを市の取り組みとして推進されているようですよ。

悩んでいる女性のイラスト

卵子が減るスピードは、人それぞれなのですね。
でも、もし卵子の数が少なかったら…不安です。

塩谷 雅英 先生

ここで大切なことをお伝えします。妊娠しやすいからだに重要なことは、実は、卵子の数よりも「卵子の質」なのです。次回は、その点について詳しくお話しますね。

女性のイラスト

卵子の質?とても気になります…。
次回もよろしくお願いします!

卵子は数より「質」が重要!?
妊活に今からできる4つのこと

シェアする
  • facebook
  • line
  • twitter

コラムトップに戻る