ブルーライトを発するデジタル機器で疲れ目、炎症ロートデジアイ®

ブルーライトを発するデジタル機器で疲れ目、炎症。あなたも注意!
デジアイ症候群!

「朝、スマホ」「昼、PC」
「夕方、ゲーム」「夜、テレビ」
デジタル漬けの瞳はピンチ!

出典:ブルーライト研究会

デジタル時代、デスクワークで
一番疲労を感じる体の部位は「目」。一番疲労を感じる
体の部位は「目」。※1
あなたも実感していませんか?

デジタル機器で目を酷使する現代人の生活、特に避けられないのがオフィスでのパソコン仕事。中でも目に疲労を感じると答えた人は半数以上※1にのぼります。その原因のひとつがデジタル画面から放出される光、ブルーライトです。デジタル機器と向き合うことは、ブルーライトと向き合うこと。ブルーライトのことをよく知ることからデジタル機器を使うことによる疲れ目「デジアイ症候群」対策をはじめませんか。

※1 ロート製薬調べ

ブルーライトは、380~495ナノメートル前後の青色光。可視光線の中でも波長が短く、高エネルギーなのが特徴。
青い光(波長が短い)赤い光(波長が長い)

目に見える光で
いちばんエネルギーの強い光が、
デジタル画面などのブルーライト。デジタル画面などの
ブルーライト。
紫外線に近い光でもあります。

ご存じのように、紫外線は目によくありません。スキーなどで雪目になったり、夏の瞳の炎症を引き起こしたり。紫外線の次に波長が短いのがブルーライト、目に見える光では最もエネルギーが強く散乱しやすい光です。空の色が青いのも、ブルーの光が散乱しやすいから。このブルーライトの散乱しやすいという性質が、疲れ目を引き起こす原因のひとつになるのです。

青い光(波長が短い)赤い光(波長が長い)
ブルーライトは
目の「ピント調節筋」を疲れさせる。目の「ピント調節筋」を
疲れさせる。
疲れ目になりやすい訳です。

エネルギーが強く散乱しやすい性質のブルーライトは、目の中に入ると 四方八方に飛び散ります。想像してください、目の中でブルーライトが乱反射する様子を。とてもチカチカすると思います。デジタル作業で感じる目のちらつきや、まぶしさの原因のひとつがこの現象によるものなのです。そして飛び散る光に対応するため、目のピント調節筋が働き続けます。一瞬一瞬ピント調節を繰り返す、疲れ目時の見え方その筋肉の疲労が目にズーンと重たい疲れを感じさせる。デジタルの目薬はピント調節筋に作用するものを選ぶことがポイントです。

実験によるとブルーライトは
炎症に関係する成分
「FAD」を分解する。

FAD※2(活性型ビタミンB2)は目の中に存在し、角膜の呼吸や透明性を保つ働きをしています。FADがなくなると角膜が炎症を起こしてしまいます。研究室での実験データになりますが、ブルーライトはこのFADを分解します。人の目で同じことが起こっているかは解明されていませんが、デジタル画面を見続けると目に炎症が起きる以上、ロートはFADにも注目します。

※2 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム

ロート デジアイ 目の疲れ・充血に 第2類医薬品

ブルーライトによるデジアイ症候群
その原因を追究すると
黄色い一滴にたどり着きました。

デジタル機器から発せられるブルーライトの性質を徹底的に研究し、その対策を詰め込んだ一滴がロート目薬「デジアイ」です。
ピント調節筋に作用し凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。 さらに角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す FAD※2(活性型ビタミンB2)も配合。この黄色ビタミンは光に対して分解しやすい不安定な成分でしたが、ロート製薬が培った配合技術によって、一般用眼科用薬承認基準内「最大濃度」まで配合することに成功。濃い黄色い薬液には、さまざまな想いがつまっています。

デジタル時代の目薬がここに完成しました。

※2 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム

「今」の瞳の悩みを見つめ続けてきたロートが
「今」注目したのがデジタルの目の疲れでした。

人々の暮らしが変わると、目のトラブルも変わります。デジタル機器が急激に普及した現代、今までの目薬で目を癒やせるか?私たちはデジタルによる疲れ目の原因を詳細に分析し、デジアイを生み出しました。いつの時代も「今求められる一滴」を。

デジアイ症候群には適切な目薬と、目のマッサージ。
すこやかな瞳を応援しています。

デジタルによる疲れ目を研究すると、目の筋肉の疲労にたどり着きます。目の筋肉疲労には、ピント調節筋に作用するデジアイが効果的ですが、もうひとつ、目の疲れをほぐす目の体操も効果的です。仕事の手をとめて、いちど試してみてください。

1 眉間の少し下を軽く押さえます 攅竹(さんちく) 2 目頭を押します 晴明(せいめい) 3 ひとさし指で目の周りをマッサージします

※目薬は医薬品ですので、
用法用量を守ってお使いください。