意外と知られていない、日やけ止めの役割。

意外と知られていない、
日やけ止めの役割。

女性にとっては無くてはならない存在となっている日やけ止め。
でも、日やけ止めが自分の肌に対してどんな働きをしているか、ちゃんと知っていますか?

ご存じの通り、紫外線は太陽から降り注ぐ光の一種です。
ですから紫外線から肌を守るには、紫外線が肌の奥へと侵入する前に、日やけ止めを塗って物理的に反射したり、紫外線を吸収して他のエネルギーに変えてしまえばいいわけです。
このように、日やけ止めの成分である紫外線防止剤には、紫外線を反射するタイプの「紫外線散乱剤」と、紫外線を吸収するタイプの「紫外線吸収剤」が存在しています。

紫外線吸収剤は、油状のものや水に溶けるものなどタイプもいろいろですが、以前その中のごく一部で、化学変化や劣化を起こして肌がかぶれたりすることがありました。
そんなトラブルが起きないよう、ロート製薬の日やけ止め製品は、厳選した紫外線吸収剤を配合。日夜研究に勤めています。

大切な肌に直接塗るものだからこそ、製薬会社のこだわったものを選びたいですね。

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る