たった1分であなたもプロ級の知識!SPFとPAって、なに?

たった1分であなたもプロ級の知識!
SPFとPAって、なに?

SPFは、紫外線B波(UVB)を防ぐ指標。

日やけ止め製品のパッケージなどで見かける「SPF50」や「PA++++」などの表示。
これは、紫外線対策のための、とっても重要なキーワードです。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略。日本語で紫外線防御効果を意味し、サンバーン(肌が赤くなる日やけ)の原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐ指標として使われます。
数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。
ただし、日やけ止めをきちんと塗っていなければ、表示されている数値どおりの効果を発揮させることはできません。
塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は充分な効果を得られませんので、注意が必要です。

PAは、紫外線A波(UVA)を防ぐ指標。

PAとは「Protection Grade of UVA」の略。その名の通り紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度を表す指標です。
これまで「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが、測定方法と表示方法の改定に伴い「PA++++」を加えた4段階に分けられるようになりました。
+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなっています。
紫外線A波(UVA)はシミやしわの発生に大きく関わっているといわれています。
波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼします。
雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要なのです。

SPFとPA、どうやって使い分けたらいいの?

日やけ止めは、自分に合った製品を選ぶことが大切です。
下の図にある使用シーンによって、SPF値やPA分類、耐水性などを参考に選びましょう

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る