お肌のバリア機能のカギ『セラミド』のヒミツお肌のバリア機能のカギ『セラミド』のヒミツ

『セラミド』って何?『セラミド』って何?

「バリア機能」と「水分保持機能」を担う重要な成分!「バリア機能」と「水分保持機能」を担う重要な成分!

「セラミド」は、本来私たちの肌に存在する成分。
肌の角質細胞の間を埋める「細胞間脂質」の50%を占めるのが「セラミド」なのです。
「セラミド」は水分保持機能を持ち、外部刺激からのバリア機能をサポート!
肌のうるおいを支えている大切な成分です。

セラミドが十分な肌だと セラミドが不足した肌だと

セラミドは加齢とともに減ってしまいます!セラミドは加齢とともに減ってしまいます!

手や顔の皮膚中のセラミド量は、年々減少してしまうことが分かっています。

女性の手と顔のセラミド量を測定し、平均値を年代別に表したのが上のグラフ。加齢によるセラミド量は減少することがわかります。女性の手と顔のセラミド量を測定し、平均値を年代別に表したのが上のグラフ。加齢によるセラミド量は減少することがわかります。

本来の肌がもつうるおい力が弱まってしまいます。本来の肌がもつうるおい力が弱まってしまいます。

『セラミド』を守るためには?洗うことと保湿することの両方が大切です。『セラミド』を守るためには?洗うことと保湿することの両方が大切です。

CARE 1「洗う」肌の「セラミド」を守るボディソープで洗いましょう!CARE 1「洗う」肌の「セラミド」を守るボディソープで洗いましょう!

肌のうるおい成分は、体を洗う時に汚れと一緒に流れてしまいがち。
それが乾燥肌の原因にもなります。
また、ナイロンタオルを使ったゴシゴシ洗いは肌を傷つけ、
これらのうるおい成分が逃げていってしまう一因となります。
「セラミド」を守って洗えるボディソープなら、
肌のうるおいを守ることができます。

図:汚れがある肌

図:従来の洗浄料を使いナイロンタオルで洗うと

図:ケアセラ®で洗うと

CARE 2「保湿する」「セラミド」配合の保湿剤で肌にうるおいを与えましょう!CARE 2「保湿する」「セラミド」配合の保湿剤で肌にうるおいを与えましょう!

粉ふきや肌荒れを繰り返すしつこい乾燥肌にもうるおいを与え、
使うたびしっとりとした健やかな肌へ導きます。
なめらかな使い心地で全身にも塗り広げやすく、
たっぷりのうるおいがすーっとなじんで持続します。

商品イメージ

「うるおいには『セラミド』!」ケアセラ®には7種類の天然型セラミドが全ての商品に配合!

商品イメージ

肌の細胞間脂質のうち約半分を占めるセラミドは大きく分けて11種類あるといわれています。その中でも7種類が大半を占め、異なる働きでバリア機能を高めています。「ケアセラ」は、その7種類の天然型マルチセラミドに注目し、惜しげもなく配合しました!肌の細胞間脂質のうち約半分を占めるセラミドは大きく分けて11種類あるといわれています。その中でも7種類が大半を占め、異なる働きでバリア機能を高めています。「ケアセラ」は、その7種類の天然型マルチセラミドに注目し、惜しげもなく配合しました!

図:7種のセラミド

セラミド1はその大きさからリベット(留め具)のように、細胞間脂質を強固にしていると考えられています。高い水分保持機能を持つセラミド2やセラミド3、6Ⅱ含め、肌へのうるおい能力を高めるための7種のセラミドを厳選しました。セラミド1はその大きさからリベット(留め具)のように、細胞間脂質を強固にしていると考えられています。高い水分保持機能を持つセラミド2やセラミド3、6Ⅱ含め、肌へのうるおい能力を高めるための7種のセラミドを厳選しました。

7種類の天然型セラミド配合のケアセラ®で、肌のうるおいを守りましょう!7種類の天然型セラミド配合のケアセラ®で、肌のうるおいを守りましょう!

ケアセラ®ブランドページへケアセラ®ブランドページへ