Vol.1

美白は1日にしてならず!美容家がアドバイス。透明感ある美白 ※1肌を手に入れる方法

はじめから読む

 透明感溢れる美白肌(美白対策をきちんとしている肌のこと)は、女性なら誰もが手にいれたい!でも、うっかり紫外線を浴び、肌荒れしてしまった経験が誰にでも必ずあるはず。特に春〜夏のシーズンは、太陽の下での外出も多くなる時期です。一度日やけした肌は、なかなか元に戻らないこともしばしば…。美白肌に対する悩みは尽きません。
 シミやそばかす・日やけを防ぎ、美白肌を手に入れるにはどうしたらいいの?!そこで、スキンケア研究所では、美白肌を目指すスキンケア研究部員のお肌の悩みを、先生にアドバイスしてもらいます!
 先生は、美容家歴10年、スキンケアだけでなくコスメや健康法など、これまで多くの女性に、美しくなるためのアドバイスを行ってきた深澤亜希先生!深澤先生は、これまで3冊の美容本を出版し、数多くのセミナーを通して悩める女性を救う、美容のプロフェッショナルです。

まずは、美白肌を手に入れるための方法を、深澤先生に教えてもらいましょう!

毎日の予防が美白肌をつくる

 皆さん、さっそくですが、美白のために何をしていますか?
 透明感のある美白肌は、1日でできるわけでは決してなく、毎日のお手入れの積み重ねによって手に入れられるもの。同じように、お肌のトラブルも、お肌への負担が積み重なって発生します。
 お肌に1度できたシミを消そうとすると、時間も手間もかかってしまいますよね…。ですので、美白肌への一番の近道は、日々の予防・ケアにあるんです!
 また、紫外線ダメージは、シミを作るだけでなく、肌をエイジングさせることにも繋がります。もちろん加齢による変化もありますが、肌老化の原因は、8割が紫外線によるお肌のダメージと言われています。実は美白のために紫外線からお肌を守り透明感を保つことは、いつまでも若いお肌でいるための最良法でもあるんです!

sk1_1

日々の生活から改善!日常でできる美白肌のための予防法

 身体は、一度日にやけるともとに戻すのが大変…!紫外線から身を守るためには、お肌を隠し、なるべく露出を控えめにすることが大切です。外出する際は、日傘をさしたり、長袖をきたり、サングラスをかけたり…。でも、完全に肌を隠すことは難しいですよね。そんな時は、日やけ止めをムラなく、丁寧に塗ることがとても重要です。日に当たりやすくやけやすい鼻先やTゾーンは、とくに重ね塗りをすることもポイントになります。また、パウダーは実は紫外線を跳ね返す効果がとても高いメイクアイテムなんです!日中には、日やけ止めの上に、さらにパウダーを重ねることもおすすめですよ。

 外出していなくても、オフィス内での机や、家でのソファやベッドなどの定位置に日が当たっていると、知らず知らずのうちに大量の紫外線を浴びていることになるので要注意です。定位置を見直して、強い日差しの当たらない場所に移動して下さいね!

 さらに、食べ物は、お肌を保護することと同じくらい大事!食事に気をつけることで、顔だけではなく身体全体への効果が期待できます。抗酸化効果のある緑黄色野菜や・果物をバランスよく食べることを心がけましょう。
サプリメントも上手に利用すれば効果大です。私は、南国旅行などどうしても紫外線を浴びてしまう予定がある時は、2週間ほど前からビタミンCのサプリメントを飲みます。体内のビタミンCの濃度が高まって、紫外線ダメージからお肌を守ってくれるんです。バランスとタイミングを合わせて、ぜひ利用してみて下さい。

sk1_2

美白効果×保湿!美白肌のためのスキンケア

 美白肌へのスキンケアは、まずはなんといっても保湿が大事です。保湿と美白肌は、実は密接に関連しているんですよ。
 お肌が白く見えるためには、まずはお肌が潤っていることが大切です。水たまりやプールに光が当たると、表面がキラキラして見えますよね。これと同じで、潤ってツヤがあるお肌に光があたると、光が反射してお肌が白く見えるんです。また、肌表面の角質層がたっぷりと水分を含んでいると、お肌の透明感が高まります。お風呂上がりのお肌がつやつやして透明感があるように見えるのは、これらの効果によるものなんです。
 逆に、乾燥しているお肌は、角質層の細胞の光の透過性が低下し、くすんで見えてしまいます。ですので、スキンケアは、1にも2にもまずは保湿!潤ったお肌は、透明感ある美白肌の条件です。まずは保湿を心がけ、本来のお肌の潤いを取り戻しましょう。

 また、美白ケアアイテムは、基本的には透明感のあるお肌でいるための予防と考えて使いましょう。とくにおすすめのアイテムは、美白成分が濃縮して配合されているもの。UVカット機能があり紫外線からお肌を守ってくれるアイテムや、シミ・そばかすを防ぐ成分を含む美白アイテムを、上手に選びましょう。さらに保湿力も備わっていると、お肌の透明感もぐんっと高くなります!ですので、美白ケア用品は美白成分×保湿成分効果があるものがおすすめです。

sk1_3

 美白肌は1日にしてならず。日常生活や毎日のスキンケアの積み重ねによって育まれるものです。とくに美白は続けることが大切なので、自分に合ったアイテムや習慣で、楽しく気軽に続けましょう。自分にできることから楽しく取り組んでくださいね!

 次回は、元キャビンアテンダント、現在は会社を経営するスキンケア研究部員のお肌の悩みに、
深澤先生がお答えしていきます。乞うご期待!

 

※1 美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。

sk1_4

深澤 亜希
幼少期をタイで過ごし、高校はアメリカへ留学。大学卒業後は数々の人気女性誌の美容ページで執筆を行った後、美容家として活動。白く輝く美白肌の持ち主で、その肌の美しさは美容業界関係者や有名クリニックの院長が絶賛するほど。「女性は正しい美容法を続ければ、誰でも、必ずキレイになれる」をモットーに発信する様々な美容法・メッセージは、女性たちから“キレイになって、気持ちまで前向きになれる”と絶大な支持を得ている。

sk1_5

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る