vol.3

賢いスキンケア選びで美肌を極めよう!

はじめから読む

美肌の真髄“保湿”の重要性を理解した3人は、肌トラブル解決の糸口をようやく見出すことができたようす。そして今回、さらなる美肌道を極めるべく、再び肌ラボ研究所へ。肌トラブルを根本から改善し、真の美肌を手に入れるには、そのメカニズムを把握した上で、“確かな実践”を積むことが大切。その第一歩が、賢いスキンケア選び。そこで植松が彼女たちに用意したのが…。

img_skinacare_labo_vol03_01

再び、肌ラボに招集。イザ、美肌作りの実践!

植松:今日は、いよいよ美肌作りの実践編へと話を進めていきたいと思います。
3人:待ってました!!!
植松:前回、保湿がいかに重要か、その理由についてお話しましたが、もっとも大切なことは、その保湿のために何を使うのか、ということなんです。
Risa:スキンケア選びが重要ってことですね!
ERICA:何を基準に、セレクトするのがいいんですか?
植松:はい。まずは、保湿力の高さがポイントになります。その保湿力を左右しているのが、保水力といって、一回の使用で、どのくらい潤いが持続するのか、といったこと。一時的に肌を潤すのではなく、長時間潤いが持続するものをチョイスしましょう。
Lili:でも、保湿力が高いコスメってベタつくイメージがあります。保湿力の重要性は、もちろん解るのですが、ベトベトするのはちょっと…。
Risa & ERICA:うんうん。確かに、使用感も大切だよね。
Lili:植松さん、そんな私たちのわがままを叶えてくれるモノなんてあるんですか?

まさにプレミアムな配合の化粧水に、3人くぎ付け!

img_skinacare_labo_vol03_02

植松:じゃん♪ それがコチラ!
3人:極潤プレミアム!?
植松:はい。肌ラボ研究所では、これまでも肌トラブルを抱える女性のために「極潤シリーズ」という基礎コスメを展開してきましたが、この度、保湿力に徹底的にこだわった、特濃の化粧水と保湿剤を開発。ぜひみなさんにも、その使用感を体感して頂きたく、今回も研究所にお越し頂いた次第です。では早速、化粧水から。
Lili:何これ〜! 超とろとろしてるっ!
ERICA:しかも、すんごい伸びがいいね〜。
Risa:香りも気にならないし、なんだか使いやすそう。
植松:ありがとうございます。今回、パックのような濃密なテクスチャーで肌の潤いをしっかりキープするために、なんと5種類のヒアルロン酸を使用しているんです。
3人:え!? 5種類も!?
植松:はい。ヒアルロン酸は1gに6ℓの水を含むといわれる保湿成分として知られていますがサイズが大きいので、その潤い効果が発揮されるのは皮膚の表面に限定されてしまうんです。そこで、今回肌ラボは、角質層まで浸透するナノ化ヒアルロン酸も採用。その他、ヒアルロン酸の倍の水分を吸収できるスーパーヒアルロン酸、それから潤いをしっかり肌に留めて逃がさない、吸着型ヒアルロン酸や3Dヒアルロン酸も配合しているんです。
Lili:ヒアルロン酸とひと口にいっても、こんなにたくさんの種類や役割があったんですね。
Risa:まさに、ヒアルロン酸の全部載せ(笑)。
ERICA:なんだか贅沢。あらゆる角度から保湿を追究しているんですね。
植松:実は、コレだけではないんです。

優れた保湿力。でもベタつきにくいその使用感に一同、感激!

img_skinacare_labo_vol03_03

3人:え!? ヒアルロン酸の他に、一体何が!?
植松:高級コスメなんかにも、よく配合されているサクランという成分になります。
3人:サクラン?
植松:これは、保水力に関わる成分なんですが、肌に透明の薄〜い膜を作って、潤いを密封してくれるんです。
Risa :なるほど。コレがパックのように機能するんですね!
植松:鋭いですね〜。正解です。
Lili:しかも、これだけ濃厚なのに、全然ベトベトしていない。
ERICA:そうなの! しっとり、もっちりって感じ♪
植松:そうなんです。実際にお顔につける際も、じっくり体温で温めながら伸ばしていくと、ベタつきは気にならないと思います。
Risa:いいですね〜。シャバシャバしている化粧水って、指の間からこぼれてしまうけど、これならそのストレスもないですね。伸びもイイから、指に力をいれなくても、ス〜ってお肌に馴染むのもうれしい!
ERICA:化粧水なのに、乳液みたいだよね。
植松:そう言っていただけると、とてもうれしいです。長時間潤いをキープしてくれるので、コレだけも充分に保湿できると思いますが、乾燥から徹底的にお肌を守りたい方には、こちらの商品もおすすめしています。

使った翌朝、肌の違いがわかる!?スーパーソフトワセリン参上

img_skinacare_labo_vol03_04

3人:ヒアルロンオイルジェリー、ですか?
植松:はい。こちらもぜひ、試してみてください。
Lili:おぉ〜、手の上で溶けた!
Risa:何ですか、コレ。新感覚の使用感。
植松:こちらの商品には、ワセリンの中でも純度の高い「スーパーソフトワセリン」を使っているんです。
ERICA:ワセリンというと、硬くてベタつくイメージですが、これはまったく違う! ジュワンってとろけて、心地いいっ!
実際に顏に塗る時も、一度手のひらで溶かしてから使うほうがいいんですか?
植松:そのままお肌につけてしまっても構いません。
Lili:でも吹き出物ができてしまっているときは、こうした保湿剤で肌にフタをしてしまうのは、あまりよくないですよね。
植松:いえいえ、そんなことはないんですよ。吹き出物は、乾燥により水分と油分のバランスが崩れているのが原因になっていることもあるので、その場合はむしろしっかり保湿することで改善します。ただ、炎症が進んで化膿していたり、痛みが生じているところには避けたほうがよいでしょう。ちなみに、もしお薬を使う場合、お手入れの最後につけるようにしてくださいね。
Risa:なるほど〜。勉強になりますね。
植松:保湿剤も使って、しっかり潤いをキープした状態でひと晩お休みになると、翌朝すぐにお肌の変化に気づくと思いますよ〜。朝、顏を洗ったときに、ツルんって。私も、この感覚にヤミツキで…(笑)。

メイク崩れの防止にも、“たっぷり保湿”が役に立つ

img_skinacare_labo_vol03_05

ERICA:ちなみに、朝のお化粧前に保湿剤を使うと、やっぱりベタつきますか?
植松:そのような場合、乾燥が気にならないようであれば、例えば肌ラボのように保湿効果がかなり持続するタイプであれば、メイク前は手軽に化粧水だけでも良いと思います。
Risa:よく出張行く時は、オールインタイプのコスメを使っていたのですが、そういう感覚で使えそうっ!
Lili:化粧水をした後は、どのくらい時間が経ってからメイクをするとよいですか?
植松:1分も経過すれば、化粧水がお肌に馴染んでくるはずです。そのタイミングで化粧をするとよいかもしれません。ファンデーションの前には、日焼け止めも忘れないようにしてくださいね。
3人:は〜い☆

img_skinacare_labo_vol03_06

(植松と、別れた後…)
Risa:今日から早速「極潤プレミアム」デビュー〜だね。
ERICA:うん。明日の朝、どんな風にお肌が変わっているか楽しみ。
Lili:ホント、ホント。次は、どんなことを教えてくれるのかな〜。それも楽しみだね。じゃあ、またね〜。

<極潤プレミアム ヒアルロン液/オープン価格>
商品名:肌ラボ ® 極潤プレミアム ヒアルロン液
販売名:ハダラボスーパーモイスト化粧水
容量 :170mL
「極潤シリーズ」の中でも最高基準の保湿力を誇る、特濃化粧水。5種類のヒアルロン酸と、サクラン配合で、長時間肌の潤いを密封。それでいてベタつきが気にならない。

<極潤プレミアム ヒアルロンオイルジェリー/オープン価格>
商品名:肌ラボ ® 極潤プレミアム ヒアルロンオイルジェリー
販売名:ハダラボオイルジェリー
容量 :25g
体温でとろける、まるで美容オイルのようなスーパーソフトワセリン配合。サラリとした使用感で、潤いを逃さない。翌朝の肌に違いが出る、その驚きの使用感をお試しあれ。

商品情報サイトはこちら

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る