vol.5

モデル・女優
新川 優愛

はじめから読む

小学校6年生の頃から、ドラマ・舞台で活躍。雑誌『セブンティーン』(2015年まで)・『non-no』では専属モデルとしても人気の新川優愛さん。今や数々のドラマ、映画でもその魅力を発揮している彼女ですが、仕事を通して人生に対する視野も広がったと言います。その過程で、美への意識も変わったとか。活躍の場を広げて、ますます多忙を極める新川さんがなぜ、透き通るような美肌を維持されているのか、その秘訣に迫ります!

img_relay_column_vol05_01

仕事を通して、築き上げた自分軸

年々、活躍の幅を広げられていますが、特に最近、仕事を通して変化をしたなと感じられていることはありますか?

 昨年から、新しいことに挑戦する機会をたくさんいただいているのですが、そうした中でもバランスを崩さないように、少しずつではありますが自分自身のことを客観的に見つめられるようになったと思います。

客観的になるというのは、中々できることではないと思いますが、何かコツはあるのでしょうか。

 自分に厳しくしすぎないことかもしれません。例えば失敗をした場合、自分を責め続けるのではなく、次はどうすればうまくできるのかを考える。失敗は、今後に活きてくるものだと思うから。もちろん、何か問題に直面したら反省します。その上で、次のために思考を切り変えることが、客観性にもつながっているような気がしますね。あと、頑張った日は、自分を目一杯褒めてあげることも大切にしています!

img_relay_column_vol05_02

新川さんは、物事をとても前向きに捉えていらっしゃいますね。そうした姿勢が、活躍の場を広げるきっかけになっているんだなと腑に落ちた感じがします。

 元々は、すごく悲観的な性格だったんです。やきもちも焼くし、嫉妬心も強いほうでした。「あの子、あんなにたくさんセリフがあっていいな、こんなに雑誌にも出ている!」とか(笑)。
 でもある時、「人には人のペースがあって、誰かと比べる必要はない」ということに気づいたんです。誰かを羨ましいと感じることもありますが、大切なのは自分らしくいることなんじゃないかって。そこを見ずに、自分を追い込んでしまうと苦しくなってしまいます。
 こういう考え方ができるようになったのも、これまでいろんなお仕事をさせていただいたお陰です。そう考えると今ある仕事にも感謝の気持ちが自然と湧いてきますよね。すべてが自分の思い通りになることなんてないですし、嫌なことだってあるかもしれない。けれど、ちょっと視野を広げればマイナスなことばかりではない。むしろ、いいことのほうが多いんじゃないかって。そうしたプラスの部分にも目を向けられるようになると、どんな現場でも楽しく仕事ができますよね。

美肌は、睡眠と保湿で維持

自分をしっかりとお持ちなんですね。体調や美容面でも、新川さん流のケア方法があれば、ぜひ教えてください。

 寝れば大抵のことがリセットされてしまうんです、私(笑)。疲れはもちろん、お肌の調子も回復していて、精神的にも落ち着いているように感じます。だから忙しい時ほど、睡眠時間をたっぷり取ることを意識していますね。

質のいい睡眠を取るために、何か工夫されていることはありますか?

 アロマの香りがするハンドクリームを、何種類か持っているんですが、その中からその時の気分に合わせて手や首に塗って、ベッドに入るようにしています。保湿ケアをしながら心地よい香りに包まれて眠れるのって、すごく贅沢だなって。1日頑張った自分への、ご褒美みたいなものですね。
 あと私、タオルがすごく好きなんです。あの肌触りがたまりません。だから寝る時は、バスタオル1枚と、フェイスタオル3枚が一緒。お気に入りは、3歳の頃から使っているディズニー・キャラクターのバスタオルです。ものすごく落ち着きます(笑)。

img_relay_column_vol05_03

筋金入りの、タオル好きですね(笑)。睡眠のほかに、美肌を維持する上で気をつけていることはありますか?

 やはり保湿ですね。これは年間を通して意識していますが、特に乾燥しやすい冬場や花粉の刺激で肌がカサつきやすい春先などはパックを使った集中ケアが欠かせません。ただ、皮脂の出やすい夏場は保湿しすぎないようにしています。
 化粧水、美容液、クリームは基本的にはいつも同じものを使っているのですが、季節やその時の肌の状態によってつける量を変えるようにしているんです。それも客観視することにつながるのかもしれませんね。
 それから、人間の体って6割以上が水分っていうじゃないですか。また水は、いい言葉をかけるほど、美しい結晶を作ることも広く知られていますから、お風呂に入った時には「ありがとう」って全身の肌に優しく手で触れながら、声に出して語りかけるようにしています。

美白への思いは、仕事に対するプロ意識から

これからの季節は紫外線も気になるところですが、日焼け対策に関してはいかがですか?

 仕事柄、特に気を使っているかもしれません。例えばファッション誌の仕事では、冬服の撮影を9月、10月にすることが多いのですが、そうした時に日焼けした肌のままでいると、お洋服を可愛く見せられなかったりして……それで後悔するのはイヤなので。
 あとは、20年、30年といった長いスパンでお肌を捉えた時に、シミなどのトラブルで悩まないためにも今のうちからできることはやっておきたいなって思います。

そうした意識は、10代の頃からあったのでしょうか。

 10代の頃は全く……(笑)。スキンケアはもちろん、メイクのこともファッションにも無頓着でした。こうしたことを意識するようになったのは、やはり仕事を通してですね。
 見られることへの責任というか、人前に出る以上ちゃんとしないと、っていう意識が徐々に強くなってきたんだと思います。

img_relay_column_vol05_04

忙しくなって、つい面倒だなって思う時はどうされているんですか?

 以前はつい怠ってしまうこともありましたが、今はありません。スキンケアのほかにも、オイルでのヘアケアも習慣になっているのですが、眠い時や疲れている時って、やっぱり面倒くさい! って思うこともあります。けれどオイルをつける時間って24時間のうち、たったの数秒ですよね。そう考えるようになってからは、欠かさずにできるようになりました。

憧れは“余裕のある”できる女性

最後に、今後の目標を教えてください。

 時間と心に余裕を持つことです。そのために最近、朝起きる時間を15分早めたんですよ。今までは朝起きてすぐにゲームアプリに没頭してしまい、ふと我に返った時には、「ヤバい! 早く着替えないと!」みたいなことが結構あって(笑)。そういう時間がギリギリの状態で1日のスタートを切ると、なんだか、せわしなく余裕が無くなっていくじゃないですか。
 私、余裕のある女性にすごく憧れているんです。ゆったりしているんだけれど、決めるところは決める、みたいな。そんなメリハリのある生き方をすることが、今の目標です!

img_relay_column_vol05_05

新川優愛 Yua Shinkawa
2010年に講談社「ミスマガジン2010」でグランプリを受賞。翌年8月には集英社「ミスセブンティーン2011」に選ばれ、同誌10月号より15年6月まで専属モデルとして活躍。15年8月からは『non-no』専属モデルに。またドラマ『GTO』、『水球ヤンキース』、『お義父さんと呼ばせて』ほか、映画『今日、恋をはじめます』、『アオハライド』などといった話題作に出演。さらに情報バラエティ『王様のブランチ』(TBS系)のMCを務めるなど、マルチな才能で活躍の場を広げている。

新川優愛さん出演のスキンアクア新CMはこちらからご覧いただけます。WEB限定ムービーも!

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る