日焼け止めに関するご質問

SPF値とは?
Sun Protection Factorの略で、日本語で紫外線防御効果を意味し、サンバーン(肌が赤くなる日焼け)の原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐ指標です。

日焼け止めを使用した上で直射日光をあびて皮ふが赤くなるまでの時間と、何も使用しないで皮ふが赤くなるまでの時間を比較したのがSPF値です。
日焼け止めを塗らない状態と比較して、皮ふが赤くなったり黒くなったりするまでの時間が50倍かかる場合SPF50となります。

※紫外線には大きく分けてA波とB波があります。
B波は肌の浅い表面に作用し、メラニン色素を増やして日焼けさせ、シミ、そばかすの原因ともなります。
PAとは?
PAは Protection grade of UVAの略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度を表す指標です。
紫外線には大きく分けてA波とB波があります。
A波は肌の奥深くまで届き、肌の黒化や、ひいては弾力を保つ繊維を壊し、しわやたるみの原因を作るといわれています。
このA波を防ぐ目安をPAの表示で示しています。+(プラス)++(ダブルプラス)+++(トリプルプラス)++++(フォープラス)の4分類で表し、+が多いほど、その防止効果は高くなります。
PA+(UV-A防止効果がある)、PA++(UV-A防止効果がかなりある)、PA+++(UV-A防止効果が非常にある)、PA++++(UV-A防止効果が極めて高い)と表示しています。
SPF値が高いほど日焼け止め効果は高いのですか?
数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高くなります。
ただし、日焼け止めをきちんと塗っていなければ、表示されている数値どおりの効果を発揮させることはできません。
塗り方が薄かったり、塗り方にムラがある場合は充分な効果が得られないので注意が必要です。
また、多くの汗をかいたり、タオル等で強く拭くと取れてしまうので、こまめに塗りなおすことをお勧めします。
日常生活の日焼け止めはどの程度のSPF値とPAが適切ですか?
日焼け止めは、自分に合った製品を選ぶことが大切です。
下の図にある使用シーンによって、SPF値やPA分類、耐水性などを参考に選びましょう。

塗り直しは必要ですか(効果の持続時間)?
塗ってから時間がたつと、洋服でこすれたり汗で流れたりして徐々に落ちてしまいます。定期的に塗りなおすことをお勧めします。
乳液やファンデーションとの使用順序は?
乳液で肌を整えてから日焼け止めを塗り、その上からファンデーションを重ねづけする方法が効果的です。
日焼け止めの落とし方は?
石けんなどの洗浄料を使用してください。
落ちにくい場合は、クレンジングの使用をお勧めします。
衣服についた時の落とし方は?
早めに中性洗剤で、もみ洗い(手洗い)をしてください。
それでも落ちない場合はクリーニングに出してください。
日焼け止めを振るとカタカタと音がするが?
乳液・ローションタイプの日焼け止めにはステンレスのボ-ル(鋼球)が入っているものがあり振ると音がします。
長期間使用しない場合、紫外線吸収剤が容器底に沈殿しやすいため、振った時に中身が混ざりやすいように入れています。
ボールが入っている製品は使用前に、カタカタと音がするまで軽く振ってから使用してください。
ステンレスボールが入っている製品には、使用上の注意書きに入っていることを記載しています。
容器の中に黒い丸い異物が見えるがこれは何ですか?
中身が混ざりやすいようにステンレスのボ-ル(鋼球)が入ってるので、これが黒い丸として見えます。
日焼け止めとは?
紫外線を完全に防ぐものではなく、日焼けする速度を遅くするものです。

日焼け止めは汗、皮脂、プールや海の水、衣服や動作の摩耗などで落ちてしまうこともあり、また、塗りむらがあったり使う量が少なすぎても十分な効果は得られません。
また、日焼けする速度には個人差があり、日焼け止めの効果は時間とともに低下します。

日焼け止めが表示通りの紫外線防止効果をきちんと発揮するためには、適度な厚さにムラなく塗ることや、こまめに塗り直すことが大切です。
紫外線吸収剤の入っていない製品は?
散乱剤の入っていない製品は?
使用している紫外線防止成分を各製品の情報欄に記載しているので、参照してください。
ウォータープルーフの製品は?
各製品の情報欄に記載しているので、そちらを確認してください。
子供が使用できる日焼け止めは?
お勧めの商品は以下になります。
お子様:ママはぐ日やけ止めミルクママはぐ日やけ止めジェルママはぐ日やけ止めミルクa
赤ちゃん:ベビーセバメドUVミルク
開封した後はどれくらいの期間使用できますか?
使用状況や保管条件(場所、温度等)により一概に言えませんが、開封後はなるべく早めに、できれば購入されたシーズン中に使用してください。
また、極端な高温や低温での保管は避けてください。
紫外線吸収剤は肌に悪いのでは?
紫外線吸収剤の中にも様々な種類があり、肌への安全性を高めたものも沢山あるので、一慨に肌に悪いというわけではありません。
紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを吸収して、他のエネルギーに変えて放出し、皮膚を紫外線から守る作用があります。