今知っておくべきお肌に「しわ」ができるメカニズム

今知っておくべき
お肌に「しわ」ができるメカニズム

見た目年齢を大きく左右する「しわ」の存在。
できることなら一生無縁でいたいものですが、加齢とともにどこからともなく現れて、私たちを苦しめます。
そんな私たちの大敵である「しわ」。なにが原因で生まれるか、知っていますか?

もともと真皮ではコラーゲン線維がしっかりと張られ、それぞれが交わるように交差しています。そのため、肌はピンと張り弾力を保っています。
ところが、紫外線に当たり続けるとこのコラーゲンの線維が切れたり、分解する酵素が活発になるなどし、しわやたるみが引き起こされます。
これには紫外線が当たると発生する活性酸素が大きく関わっていると考えられています。

紫外線A波(UVA)は肌の奥深くまで届き、雲や窓ガラスをすりぬけるので、年中注意が必要です。
また、強い直射日光を浴びていない日常生活の中でも、少しずつカラダに影響を与えていきます。
それがやがて、しわやたるみになって現れてくる…。これが光老化の怖いところなのです。

一方、紫外線B波(UVB)は、肌の真皮まで直接届くことはありませんが、こちらもしわの発生に無関係というわけではありません。
しわを促進する酵素を活性化し、真皮のコラーゲンを切断し、しわの原因になると言われています。
光老化によるしわ・たるみ対策にも、紫外線A波(UVA)・紫外線B波(UVB)両面からのケアが不可欠なのです。

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る