目のトラブルについて

眼精疲労/疲れ目

目を使う仕事を続けると、普段なんともない程度の作業でもすぐに目が疲れ、目が痛む・かすむ、まぶしい、涙が出るなどの症状や、頭痛・肩こりや吐き気を引き起こします。

原因

最も多いのは、目が頻繁にピント調節を繰り返すために起こる「調節性眼精疲労」です。また、ドライアイや目の疾患が疲れを引き起こすこともあります。

対策

軽度の疲れ目はOTC点眼薬で対処できます。ただし、目の疾患(結膜炎・緑内障など)や重度のドライアイが原因の場合、原因疾患の治療が必要です。

〈参考〉
VDT症候群(テクノストレス症候群)

パソコンやスマートフォンが普及し、必要以上に目を酷使することから調節性眼精疲労を訴える人が急増しています。また、VDT(visual display terminal)作業時は画面を集中して見つめるため、瞬きが減少し目の表面が乾燥しやすいのも原因の一つです。
予防としては、照明が画面に反射するのを防ぐ、目の疲れを自覚したら作業を中止する、意識して瞬きを多くする等があげられます。

関連する製品