目のトラブルについて

結膜炎

目の表面を保護している結膜が、様々な刺激や微生物感染等で炎症を起こした症状が結膜炎です。充血や目やに等が現れ、不快感が非常に強いです。

原因と対策

外因性:細菌性
結膜に充血・浮腫が認められ、膿性(黄ばんでいる)の目やにが見られます。
対策:抗菌成分配合の目薬を3~4日使用し、効果がないようなら専門医に相談して下さい。
外因性:ウイルス性(ヘルペスウイルス等)
突然充血や流涙、異物感が起こります。目やには少なく、涙のようにさらっとしています。かゆみもほとんどなく、耳前リンパ節の腫れや圧痛も特徴です。
対策:早めに専門医へ相談して下さい。(眼科ではステロイド剤や抗生物質(二次感染予防目的)の投与を行い軽快します)。非常に感染力が強いので、タオルを別にする等で感染防止を心がけてください。
内因性:アレルギー性結膜炎
年中症状の現れる通年性アレルギー(ダニ・ハウスダスト等が原因)と、春や秋だけに現れる季節性アレルギー(花粉等が原因)に大きく分けられます。かゆみの他、充血・涙・異物感等の眼症状や、くしゃみ・鼻水・鼻づまり等の鼻症状が現れることも。
対策:抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤配合の目薬の点眼が効果的です。こすったり、原因となる物質が体内に入らないよう心がけましょう。

関連する製品