Jiyona

Loading...

Movie

PLAY

What is Jiyona?

「Jiyona」とは、忙しい現代人の健康を考えた、
野菜と穀物の糀発酵飲料です。

more

「都会で忙しく働く方たちも、地方の大地の恵みで、元気でいてほしい」

そんな健康への思いから、私たちは糀に着目しました。糀は日本の健康長寿を支えてきた一つとして知られており、醤油や味噌などの伝統的な発酵食品にも用いられています。なかでも昔から糀甘酒は滋養があるとして親しまれてきました。

滋養とは「身体の栄養になる」ということ。「Jiyona」は“そのままの栄養を取ってほしい”という願いを込めて“滋養”+natural(na)から名づけました。

米だけでなく、野菜の恵みも摂ることはできないかと考え、野菜も一緒に発酵させました。

「健康」は食べるものでつくられる。だから「食で健康になろう」という思いを込めて。

忙しい人たちに、「野菜×米糀」でつくったほんのり甘酸っぱいスイーツのような、新しい「間食」を提案します。

close

Why Koji?

発酵食品で用いられる微生物は、乳酸菌、麹菌、酵母菌などがあり、
その中で温暖湿潤な日本の風土に適した「麹菌」に着目しました。

more

味噌や醤油などの伝統的な発酵食品は、日本の“国菌(こっきん)”である「麹菌」を用いてつくられています。

米に麹菌を繁殖させたものを米糀といい、たんぱく質分解酵素や、でんぷん分解酵素など、100種以上の酵素が含まれているといわれています。

このたんぱく質分解酵素により、たとえばお肉などの食材に糀を合わせると、食材を柔らかくし、美味しく、消化・吸収がしやすくなります。

また、砂糖を入れていない糀甘酒が甘くなるのは、このでんぷん分解酵素による働きです。

麹菌にはまだ不明な点も多く、乳酸菌以上に色々な可能性を秘めているのではと考えられています。

麹菌が米を醸した「糀」は、温故知新の、日本が誇るスーパーフードといえるでしょう。

close

Jiyona is Guilt-Free sweets

ギルトフリースイーツは、
昨今注目を集めているスイーツです。

more

ギルトフリーとは、ギルト(guilt=罪悪感)+フリー(free=解放・無い)を組み合わせた言葉で「罪悪感ゼロ」という意味です。

食事の間隔が空くと、空腹を我慢する反動で、次の食事を一気に食べすぎてしまうことも。

また、甘くて美味しいスイーツを食べると心が和むため、我慢すると、逆にストレスを感じてしまう人もいるかもしれません。

そこで、多忙な方たちが、小腹がすいたときに手軽に栄養を摂れて、身体も心も満たされる美味しい食品をつくれないか。

私たちが考える罪悪感を感じないギルトフリースイーツとは、厳選された素材のみを使用し、添加物を一切使用せず、砂糖も使わないスイーツのことです。

close

The behind story of Jiyona

私たちは、「地域の食で、人々を健康にしたい」という想いから、
食品素材、特に農産物が本来持っている力に着目してきました。

more

第一弾として選んだ野菜は、種子島の方に教えてもらった紫芋。ブルーベリーにも入っていることで知られている「アントシアニン」は、この紫芋にも含まれています。女性に人気の野菜のスムージーに甘酒を入れたレシピのように、芋をそのまま糀発酵させたら、芋にも糀のチカラが宿るのではと、開発をスタートさせました。
芋と糀といえば、芋焼酎です。焼酎は蒸留酒であり、お酒になる手前はまさに紫芋の糀甘酒に近い状態ではないか。そう考えた私たちは、日本酒の酒蔵ではなく、紫芋の焼酎をつくられていた薩摩酒造さんにご相談し、共同開発が始まりました。そこで出会ったのが、焼酎をつくるのに使う「白糀」。発酵の過程で、酸味の元となるクエン酸をつくりだす「糀」です。Jiyonaは、明治時代から続く今も昔ながらの仕込みも続けている薩摩酒造明治蔵で、つくられています。

木樽で米を蒸し、糖化釜でじっくり発酵させていきます。原料となる芋や米も天候により変わるように、麹菌もまた生きています。発酵はその日の気温や様々な条件に合わせて、温度や時間を管理する匠の技が必要です。Jiyonaは、そんな発酵のプロ、薩摩酒造さんの手によって、丹精込めてひとつひとつ大切につくられています。
原料の紫芋は、種子島の大地に息づく紫芋。美しい海と山に囲まれた土地や風土に合い、その土地の人に大切に守られてきた種子島の在来種である「一吉紫芋」を使っています。農薬や化学肥料を使っていない畑なので、農薬を使えば1時間ですむ工程を、人の手で何日もかけて、丹念に雑草を抜いて害虫をとり除きます。糖度が高いので土の中でも虫がつきやすく、地中を手でほじくって害虫を捕まえます。とても手がかかるので「幻の紫芋」といわれており、その希少性から、アルカ登録※されました。

※スローフードインターナショナルにおいて「味の箱舟(Ark of Taste)」登録されています。味の箱舟は生物の多様性を守るため1997年にスローフードインターナショナルがはじめたスローフード運動の一部のプロジェクトです。伝統的かつ固有な在来品種や加工食品、伝統漁法による魚介類など、このままでは消えてしまうかもしれない希少な食材を選定し、その生産や消費を守り、地域における食の多様性を守る世界的なプロジェクトです。

close

Philosophy of Pharmaceutical Company

都市と地⽅を結ぶ、地⽅創⽣の
側⾯を持っています。

Jiyona's Dictionary

  • 発酵とは

  • 糀甘酒とは

  • 白麹菌とは

  • 紫芋とは

商品紹介

Jiyona 紫芋 KOJI HEALTHY DRINK

Jiyona 紫芋 KOJI HEALTHY DRINK

とろりとした芋の風味・すっきり甘酸っぱい

原材料名
紫芋(種子島産)ペースト、米(国産)、米糀(白糀)
内容量
100g

賢くヘルシー間食!野菜と穀物の糀発酵スイーツ飲料元気とキレイのサポートに

  • ●紫芋と一緒に発酵させた温故知新のスマート飲料。
  • ●大地の恵、紫芋と米と米糀だけでつくりました。
  • ●米糀の中でも甘味と酸味を生みだす白糀を使用。白糀がつくりだすクエン酸で、爽やかな酸味があります。
  • ●ストレートタイプ。小腹がすいたら手軽にチャージ。
  • ●冷やしたまま、お召し上がりください。

こんなときに

  • ・時間のない忙しい朝は、⽚⼿で⽀度しながら
  • ・オフィスの冷蔵庫に⼊れて、⼩腹がすいたらすぐに
  • ・ヘトヘトに疲れて帰って、ほっと一息ひと休みの時に
  • ・小腹がすいたら、ちょっとした夜食に
  • ・スポーツ中や、スポーツ後に、⼿軽にチャージ
熱量 105kcal
たんぱく質 1.5g
脂質 0.2g
炭水化物 24.6g
糖質 23.8g
食物繊維 0.8g
食塩相当量 0.0074g
カリウム 118mg
アルコール 0%
アントシアニン 22mg
クエン酸 210mg

【ご注意】

  • ●よく振ってからお飲みください。
  • ●開栓後はすぐにお飲みください。
  • ●農作物を原料としていますので、商品によって色や味が多少異なることがあります。
  • ●素材を生かした製法のため、米糀や芋の塊、芋の皮(※黒い粒)が入っています。
  • ●成分が沈殿したり、変色することがありますが、品質には問題ありません。
  • ●保存方法 要冷蔵 10℃以下で保存してください
close

Online Store

発酵とは

発酵食品は身体に良いと注目されています。発酵とは微生物の生命活動のひとつ。食物等に微生物が繁殖し、食物を分解・変化させ、人にとって有益に作用したものを発酵と呼びます。

代表的な発酵菌には、乳酸菌、納豆菌、麹菌、酵母菌、酢酸菌などがあります。世界からも注目が集まる和食には様々な魅力がありますが、そのひとつが、味噌、醤油、酢、みりんといった調味料や、漬け物、かつおぶし、納豆など、発酵食品が数多く使われていること。発酵食品は、古来から日本人の健康を支えてきたと考えられています。また健康面だけでなく、美味しさや、保存性など、和食には欠かせない要素となっています。

close

糀甘酒とは

甘酒には、酒粕からつくられる酒粕甘酒と、米と米糀からつくられた糀甘酒の2種類があります。糀甘酒は、アルコールを含まず、原料である米を酵素分解し甘みをつくりだしているため、砂糖なしでも自然な甘みを感じることができます。砂糖が貴重であった江戸時代には、調味料としても使われていたことも。老若男女誰もが美味しく飲める糀甘酒ですが、最近は、ペプチドやセラミドが含まれていることから、美容目的でとりいれる若い女性も増えています。

close

白麹菌とは

麹菌には、黄麹菌・白麹菌・黒麹菌など色々な種類があります。黄麹菌は、味噌や日本酒、甘味の強い甘酒の多くに使われています。白麹菌は、焼酎の仕込みに使われており、米や芋に含まれる炭水化物を、ブドウ糖に酵素分解するだけでなく、クエン酸をつくりだします。クエン酸は、梅干しやレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分です。

米に白麹菌を繁殖させたものを白糀と呼び、白糀で発酵させると、ほどよい甘味と爽やかな酸味があり、すっきりした味になります。

close

紫芋とは

紫芋は、中身が紫色になっているサツマイモの品種のひとつです。鹿児島県内で多く栽培され、特に種子島産は、安納芋と並んで有名です。お菓子の原料、焼酎の原料など様々な用途で使われています。

種子島では、多くの品種が栽培されており、品種改良されていない在来種の紫芋があります。紫芋の紫色の色素には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。

パソコンやスマホを使われる方におススメの野菜です。

紫芋
close