弱った歯ぐきに再生力! DR.ハレス 歯槽膿漏薬

歯を失う原因となる
「歯槽膿漏」とは

「歯ぐきが赤く腫れて痛い」「少しの刺激でさえも歯ぐきから出血するようになった」など、実は50代にさしかかると、約80%の方が歯ぐきになんらかのトラブルを抱えていることがわかりました。
これらの症状は歯を失う最大の原因となる「歯槽膿漏」のはじまりかもしれません。歯ぐきに関する悩みは年齢とともに増えていきます。あなたもそろそろ心当たりはありませんか?

歯ぐきに残った歯垢(プラーク)は歯ぐきの炎症を引き起こします。そして、歯ぐきの腫れ・出血をくり返す中で歯根膜などの歯周組織の破壊が進み、歯ぐきがどんどん弱っていってしまうのです。
すると、「歯ぐきが下がっているように見える」「歯が浮いた感じがする」などの症状を経て、ついに歯槽膿漏へ。歯槽膿漏が怖いのは、歯を失う原因となってしまうところです。

イメージ図

今すぐできる
歯槽膿漏チェック

もしかしたら、自分は歯槽膿漏かも?
下記の10項目で、当てはまるものがないかをチェックしてみましょう。1つでも当てはまれば歯ぐきケアを始めましょう。

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • ブラッシング時に出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずかゆい、痛い
  • 歯肉が赤く腫れている
  • かたい物が噛みにくい
  • 歯が長くなったような気がする
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に
    隙間がでてきた。食べ物が挟まる。
  • 歯がぐらつく
  • 歯と歯肉の間から膿が出る

歯槽膿漏薬、ついに誕生!

歯槽膿漏薬DR.ハレス

事実

歯ぐきには肌と同じコラーゲンが
多く含まれています。

歯ぐきも肌と同じように、組織の多くがコラーゲンで構成されており、きちんとお手入れすることで生まれ変わることができるのです。
加齢とともに、歯ぐき内部にある細胞のコラーゲンを生み出す力が弱くなり、「歯ぐき下がり」や「歯ぐき痩せ」の原因となると言われています。

着目したのは、歯ぐきの持つ「再生力」。

ロート製薬の“肌再生研究”から、新発想オーラルケア 歯槽膿漏薬「ハレス®」誕生。

特長

ロート製薬独自の再生サポート処方 日本初処方 アラントイン×カルバゾクロム

歯ぐきの組織修復「アラントイン」、抗炎症「グリチルリチン酸ニカリウム」、血行促進「ビタミンE誘導体 ※1」、殺菌「CPC ※2 ヒノキチオール」、止血作用「カルバゾクロム」 歯ぐきの組織修復「アラントイン」、抗炎症「グリチルリチン酸ニカリウム」、血行促進「ビタミンE誘導体 ※1」、殺菌「CPC ※2 ヒノキチオール」、止血作用「カルバゾクロム」

※1 トコフェロール酢酸エステル 
※2 セチルピリジニウム塩化物水和物

使用方法

歯肉炎・歯槽膿漏

1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g/約1.5cm)を歯ぐきに塗り込んでください。 歯ぐきに直接塗って効く歯槽膿漏薬 歯ぐきに直接塗って効く歯槽膿漏薬

口内炎

1日2〜4回、適量を患部に塗ってください。

[ご注意]
1. 小児に使用する場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2. 歯科用にのみ使用してください。

特長詳細(動画)

ハレス口内薬 商品篇

オーラルケアへの
新たな挑戦

ロート製薬は長年にわたり
肌研究を続け、
近年では再生医療分野への進出および
幹細胞の皮膚研究への応用など
研究の幅を広げています。
そして日々研究を重ねるうち、
歯周組織の中で歯を支える歯根膜が
コラーゲンを主体とし、
かつ幹細胞も存在するという点で、
肌と非常に似ている組織である
ということに着目しました。
これまで培ってきた肌研究の
技術を歯周病に応用し、
再生医療研究の視点と
肌研究の知見を活かして、
歯周病に負けない強い
歯ぐき力をめざして
これからも新しいチャレンジを
続けていきます。 NEVER SAY NEVER For ずっと元気な歯ぐき

歯槽膿漏薬、ついに誕生!

思いっきり笑って、明るく話して、おいしく食べて。いつまでも健やかな歯ぐきのために。加齢とともに口内もどんどん老化していきます。歯が抜けてしまうその前に、まずはハレス®口内薬をお試しください! 思いっきり笑って、明るく話して、おいしく食べて。いつまでも健やかな歯ぐきのために。加齢とともに口内もどんどん老化していきます。歯が抜けてしまうその前に、まずはハレス®口内薬をお試しください!

ロート製薬の歯槽膿漏薬、ついに誕生!“再生サポート処方”はハレス®口内薬だけ!

歯科医へのインタビュー

日本歯周病学会認定の歯周病専門医でもある島袋善夫先生に歯周組織や歯槽膿漏などの歯周病にならないためのオーラルケアについてお話を伺いました。

しまぶくろ歯科医院
島袋 善夫 先生
(大阪大学歯学部 臨床教授)

歯槽膿漏ってどんな状態?

ハレス 歯科医師インタビュー「歯槽膿漏ってなに?」

日ごろのケアで気を付けるべきこととは? 日ごろのケアで気を付けるべきこととは?

ハレス 歯科医師インタビュー「気をつけることは」

DR.ハレスをお求めの方へ

ハレス®口内薬をお求めいただける全国の店舗をご紹介しております。

取り扱い店舗を検索する

インターネットでもお求めいただけます