Vol.1

時間との戦い!? 忙しい30代に捧ぐ、時短で着実に成果を出すエイジングケア5選

はじめから読む

「あれ、20代とは何かが違う?」。30代といえば、さまざまなエイジングサインを自覚し始めるお年頃。ここできちんとケアをしておくかどうかで、将来の肌に差がつきます。でも実際には、仕事で責任のあるポジションを任されたり、結婚・出産を経験して家事や育児に追われたりと、なかなか自分のためにじっくり時間を使えないのが、この年代の弱点でもありますよね。

img_allabout2_vol1_01

その1.まずは化粧品を見直し! エイジングケアに効果的な成分って?

シミ、シワ、たるみなど、20代の頃とは明らかに違う肌の変化を感じ始めるのが30代。それなのに、ずっと同じ化粧品を使っているという人も多いのでは?

もちろん、お気に入りの化粧品を使い続けるのも良いとは思いますが、私たちの肌は日々変化しています。今日の肌と対話しながら、自分の年齢、悩み、季節の肌状態に合わせてスキンケアを見直すことはとても大切です。肌の乾燥やハリのなさを感じたら、いつもの基礎化粧品をエイジングケアラインのものに変えてみるのも一つの方法です。年齢とともに減少するヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった美容成分が配合された化粧品なら、エイジングケアに一役買ってくれるはず。

その2.たったの10秒! “ハンドプレス”でうるおいアップ

img_allabout2_vol1_02

忙しくて時間がないと「化粧水や乳液はパパッとつけて終わり!」という人も多いかもしれませんね。それではもったいない! せっかくなので、今使っている化粧品を最大限に活かす工夫をしてみて。道具もいらず、10秒でうるおいアップできる方法がハンドプレスです。

ハンドプレスとは、化粧水や乳液などを肌にまんべんなく伸ばした後、顔を両手で包み込むようにして手のひらでゆっくり押さえること。温熱効果や密閉効果で、化粧品の成分をしっかり肌に届けることができるといわれています。手が冷たい人は、手のひらをこすり合わせて温めてから行って。10秒ほど押さえるだけでも、肌がじんわりと温まり、心身ともにときほぐされるのを実感できます。肌を下から上に、軽く持ち上げるようになじませると、リフトアップ効果も期待できます!

その3.“耳グルグル回し”で、くすみのないスッキリ小顔に

「顔のむくみや肌のくすみが気になるけれど、マッサージする時間がない」という人はぜひ、“耳グルグル回し”を試してみて。方法は簡単、両手の親指と人差指で耳たぶをつまみ、グルグルと回すだけ。そのまま、つまむ位置を耳の上部まで少しずつ移動させ、最後に耳を斜め上の方向に引っ張って離しましょう。

耳に集まるツボを複合的に刺激することで血流や水分代謝がスムーズになるので、くすみがパッと晴れ、顔まわりがポカポカしてスッキリしてきます。メイクが崩れる心配もないので、仕事や家事の合間の休憩タイムやちょっとした待ち時間に気軽に実践できますよ。

その4.“ながらマスク美容”で、口もとの老けを防止!

ほうれい線や唇の縦ジワは、見た目年齢を一気に老けさせてしまうポイント。そんな口もとのエイジングケアに使えるのが、風邪予防用のマスクです。

ほうれい線にはシワ用のクリーム、唇にはリップクリームやリップ美容液をたっぷり塗って、マスクを装着。たったのこれだけですが、自分の吐く息がこもってマスクの中がスチームサウナのような状態になり、スチーム効果で気になる口元がふっくら! のどの乾燥も防ぎつつ、移動中でもこっそり“ながら美容”ができるなんて、まさに一石二鳥ですね。

その5.“ミルクパック”で毎日のお風呂を極上の美容タイムに

img_allabout2_vol1_03

忙しい毎日を送っているとストレスがたまることも多く、少しでもリラックスできる時間が欲しいですよね。毎日のバスタイムを、リラックス&美容タイムにしてしまいましょう!

シャワーだけで済ませず、湯船に浸かって体を温めれば肌の新陳代謝もアップ。”美肌のため”という視点でいえば、39度前後のぬるめのお湯に15~20分程度浸かるのが効果的です。ベッドに入る1時間ほど前に入浴を済ませると、スムーズに眠りにつけますよ。

オススメのバスタイム美容といえば、ミルクパック。メイクを落とした後、手持ちの乳液をたっぷり肌に伸ばし、そのまま湯船に浸かるだけ。湯気のスチーム効果でぐんぐん浸透し、疲れてしぼんだ肌もふっくらモチモチになります! 最後はぬるま湯で軽く洗い流し、お風呂上がりにはいつものケアをしてくださいね。

忙しい毎日でも、1回数十秒の時短ケアやながらケアなら、続けられそうな気がしてきませんか? ちょっとした時間を有効に使いながらキレイをキープして、仕事にプライベートに、充実した30代を送ってくださいね!

【執筆者プロフィール】

img_allabout2_vol1_04

城後紗織(じょうごさおり)
美容ジャーナリスト。All About「化粧品・時短美容」ガイド。出産後の多忙な経験から時間をかけずにキレイになれる美容法を追求。著書「時短メイクbeauty」をはじめ、雑誌やWebを通じて独自の時短美容テクを発信中。中国留学経験もあり、漢方にも詳しい。

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る