ロート温経湯錠ロート温経湯錠

※デザインで使用している生薬の画像は実際の商品で使われているものではありません。和漢箋全体のブランドイメージ画像です。

月経の不調を改善ロート温経湯うんけいとう

こんな症状に困っていませんか?

  • 月経周期が不規則
  • 腹部が冷えて痛む、ひきつる、脹る(月経困難)
  • 足腰が冷える

そんなあなたに ロート温経湯錠 ロート温経湯錠で
その症状を改善

「ロート温経湯錠」
ってどんな製品?

温経湯にはホルモンバランスを整える働きがあると言われています。

温経湯は月経不順などの女性特有の病気の治療に古くから用いられてきた漢方薬ですが、最近の研究で、月経をコントロールするホルモンの分泌が低下しているときは促進し、過剰な場合は抑えるなど、ホルモンバランスを整えて月経の不調を改善する働きがあることがわかり、注目を集めています。

製品の特長

体を温め、つらい月経の不調や足腰の冷えを改善します。

症状に効く
メカニズム

月経トラブルは早い段階でケアすることが大切です

妊娠・出産回数の低下や平均寿命の変化等に伴い、昔に比べて女性が一生に経験する月経回数が増えているといわれています。更に、女性が様々なストレスにさらされる機会も増えており、多くの女性が月経に関する悩みや不安を持っていることが分かりました。けれども婦人科の受診に抵抗がある人も多く、悩みがあってもそのまま放置してしまうケースも見られます。月経トラブルを早い段階でケアすることが大切です。

「温経湯」は、体を温め、つらい月経の不調や足腰の冷えを改善します。

一般に冷えなどで血行が悪くなると月経トラブルが現れやすいといわれますが、漢方でも気血水のバランスがくずれて血が滞ると、月経周期が不規則になったり、下腹部が冷えて痛むなどの異常が現れると考えます。温経湯は、体を内側から温めるゴシュユやショウキョウ、滞った血の巡りを改善するボタンピやセンキュウ、血を補うトウキやシャクヤクなど、12 種類の生薬からなる漢方薬。身体の内側から温めるとともに血の巡りを整え、月経不順や月経困難などを改善します。

ロート温経湯錠

生活アドバイス

体を冷やさないように
しましよう

冷えは月経トラブルの原因の一つといわれています。ウォーキングやストレッチなどの運動、足浴や半身浴なども生活に取り入れてみましよう。

過度なダイエットは
禁物です

急激に体重が減ると体にとってはストレスになります。過度なダイエットは避け、バランスのよい食生活を心がけましよう。

ストレスを溜め込まない
ようにしましよう

ストレスもホルモンバランスの乱れる原因と言われています。規則正しい生活と十分な睡眠をとり、リラックスした生活を送ることを心がけてみましよう。

温経湯の働き

血流

月経困難を改善

身体を内側から温めて血の巡りを整え、月経困難を改善します。
ホルモンバランス

月経不順を改善

月経をコントロールするホルモンバランスに働きかけ、月経不順を改善します。

温経湯の働き

ロート和漢箋の
漢方へのこだわり

和漢箋の想い

製品情報

ホルモンバランスの乱れなどによる
月経の不調を改善する
ロート温経湯うんけいとう
ロート温経湯錠

1週間分(※15才以上の場合)

第2類医薬品

84錠(パウチ)

効能・効果

体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:
月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれ(手の湿疹・皮膚炎)

用法・用量

次の量を1日3回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。成人(15才以上)…1回4錠、7才以上15才未満…1回3錠、7才未満…服用しないこと ※食間とは、食後2~3時間をさす

有効成分(12錠中)

温経湯エキス3.52g
(ハンゲ2.0g、バクモンドウ2.0g、トウキ1.5g、センキュウ1.0g、シャクヤク1.0g、ニンジン1.0g、ケイヒ1.0g、ゼラチン1.0g、ボタンピ1.0g、カンゾウ1.0g、ゴシュユ0.5g、ショウキョウ0.25gより抽出)
添加物:メタケイ酸アルミン酸Mg、炭酸水素K、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Mg、マクロゴール、カラメル、ヒプロメロース、タルク
※本剤は天然物(生薬)のエキスを用いているため、錠剤の色が多少異なることがある。

使用上の注意

相談すること

  1. 1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
    1. (1) 医師の治療を受けている人
    2. (2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
    3. (3) 胃腸の弱い人
    4. (4) 高齢者
    5. (5) 今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    6. (6) 次の症状のある人:むくみ
    7. (7) 次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病
  2. 2.次の場合は直ちに服用を中止し、この袋を持って医師又は薬剤師に相談すること。
    1. (1) 服用後、次の症状が現れた場合
      関係部位
      皮ふ
      症状
      発疹・発赤、かゆみ

      まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。

      症状の名称
      偽アルドステロン症
      症状
      尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる
    2. (2) 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
  3. 3.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること。

保管及び取り扱い上の注意

  1. 1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
  2. 2.小児の手の届かない所に保管すること。
  3. 3.他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
  4. 4.湿気により、変色など品質に影響を与える場合があるので、ぬれた手で触れないこと。
  5. 5.使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。なお、使用期限内であっても一度開封した後は、なるべく早く使用すること。