ロート目薬研究-パンテノールの力再発見- ロート目薬研究-パンテノールの力再発見-

プロビタミンB5とも呼ばれているパンテノールは、細胞の代謝を活性化してくれる優秀な成分です。目薬以外にも乾燥肌改善薬、育毛剤、シャンプーやリンスなど多くの製品に使われています。
パンテノールは、目薬にも古くから配合されてきたものの、詳しい作用メカニズム研究を行った例は殆どありませんでした。ロート製薬では、現代人の疲れ目改善により効果的な処方開発に応用するため、パンテノールのメカニズムについて研究を行いました。

Discovery1 パンテノールの筋肉への働き Discovery1 パンテノールの筋肉への働き

筋肉の凝りによる目の疲れ 筋肉の凝りによる目の疲れ
遠くをみたり、近くをみたり、人は目の「筋肉」を動かす事で、ピントを調整しています。近くを見る時、目の筋肉は力が入っている状態なので、パソコン作業などで近くを見続けると、筋肉が凝り固まってしまいます。
これが、目が疲れてしまう原因のひとつです。

ロート製薬の新発見 ロート製薬の新発見

筋肉を動かすには「ATP」と呼ばれる筋肉を動かすエネルギーが必要です。ロート製薬では、パンテノールがATPを産生するメカニズムを、新たに発見!

メカニズムの解明 パンテノールが、目の疲れに効果的に働くメカニズムが解明されました。

「近くを見るときに毛様体筋を動かす仕組み」 「近くを見るときに毛様体筋を動かす仕組み」

Discovery2 パンテノールの粘膜を保護するムチンへの働き Discovery2 パンテノールの粘膜を保護するムチンへの働き

ムチンは、納豆や山芋などのネバネバした食材に含まれる他、人間の体内にも存在しており、胃腸や鼻などの粘膜に多く含まれています。ムチンが粘膜を保護することによって、様々な病気の予防につながります。このムチンは涙にも存在していて、目に水分をとどめる為の接着剤のような役割を果たしています。ロート製薬では、パンテノールが細胞においてムチンを増やす働きがあることを発見!今後の研究に期待が出来ます。

涙の三層構造
涙は油層、水層、ムチン層から成り立っており、それぞれバランスを保つことで涙の安定性を
保っています。

涙の三層構造の図

涙の三層構造の図