日やけ止めに関するご質問

SPF値とは?
Sun Protection Factorの略で日焼け止め等の効果を表す数値です。
紫外線には大きく分けてA波とB波があります。B波は肌の浅い表面に作用し、メラニン色素を増やして日焼けさせ、シミ、そばかすの原因ともなります。このB波を防ぐ効果をSPFの値で示しています。日焼け止めを使用した上で直射日光にあびて皮ふが赤くなるまでの時間と、何も使用しないときに皮ふが赤くなるまでの時間の比がSPF値です。例えば、SPF50とは、皮ふが赤くなったり、黒くなったりする紫外線B波を防止する効果が、塗らなかった場合に比べて50倍あることを示しています。
PA+++とは?
PAは Protection grade of UVAの略で、SPFと同様、日焼け止め等の効果を表す目安です。
紫外線には大きく分けてA波とB波があります。A波は肌の奥深くまで届き、肌の黒化や、ひいては弾力を保つ繊維を壊し、しわやたるみの原因を作るといわれています。このA波を防ぐ目安をPAの表示で示しています。+(プラス)++(ダブルプラス)+++(トリプルプラス)の3分類で表し、+が多いほど、その防止効果は高くなります。
PA+(UV-A防止効果がある)、PA++(UV-A防止効果がかなりある)、PA+++(UV-A防止効果が非常にある)と表示されています。
SPF値が高いほど日焼け止め効果は高いのですか?
理論的には、日焼け止め効果は高くなります。SPF値が高いと高い日焼け止め効果が期待できますが、多くの汗をかいたり、タオル等で強く拭くと取れてしまうので、こまめに塗りなおすことをおすすめします。
日常生活の日焼け止めはどの程度のSPF値とPAが適切ですか?
外出時間などにもよりますが、日常生活で浴びる紫外線対策としては、SPF値10~20程度、PA++が目安です。
塗り直しは必要ですか(効果の持続時間)? 
使用状況により異なりますが、極端に汗をかいたり、タオル等で拭かなければ5~6時間はつけなおさなくても大丈夫です。スポーツなどをする場合は、こまめに塗りなおすことをおすすめします。
乳液やファンデーションとの使用順序は?
乳液でお肌をととのえてから日焼け止めを塗り、その上からファンデーションを重ねづけする方法が効果的です。
日焼け止めの落とし方は?
石けんなどの洗浄料をお使いください。落ちにくい場合は、クレンジングのご使用をおすすめします。
衣服についた時の落とし方は?
早めに洗剤で、もみ洗い(手洗い)をしてください。それでも落ちない場合はクリーニングに出してください。
日焼け止めを振るとカタカタ音するが?
通常、クリーム・ジェルタイプ以外の乳液・ローションタイプの日焼け止めにはステンレスのボ-ル(鋼球)が入っています。入っている製品の場合、使用上の注意書きにステンレスボールが入っていることが記載されています。長期間使用しない場合、紫外線吸収剤が容器底に沈殿しやすいため、振った時に中身が混ざりやすいように入れています。ボールが入っている製品はご使用にあたって、カタカタと音がするまで軽く振って攪拌してからご使用ください。
容器の中に、黒い丸い異物が見えるがこれは何ですか?
中身が混ざりやすいようにステンレスのボ-ル(鋼球)が入っていますので、これが黒い丸としてみえます。