どうすれば防げるの?徹底解剖!「シミ」ができるメカニズム

どうすれば防げるの?
徹底解剖!「シミ」ができるメカニズム

目や口のまわり、額に頬など、特に目立つ顔まわりに突如として現れる「シミ」。
女性にとっては非常に憎い存在だったりします。そんな「シミ」ができる理由を知っていますか?

紫外線は肌に悪影響を及ぼしますが、実は、人間の身体にはこれに対抗する機能が備わっています。それが、「メラニン色素」です。
日光を浴びた後、肌が黒くなる症状を「サンタン」と呼びますが、これは体内のメラニン色素が原因。
紫外線を浴びることで増えたメラニンが肌を守る黒いフィルターのような役割を果たしてくれているのです。
そして、増えたメラニンは、肌のターンオーバーによって角質細胞と一緒にはがれ落ち、次第に肌の色も元に戻ります。

しかし、長い期間、多量の紫外線を浴び続けると、肌細胞に傷がついて、メラニン色素を作り続けたり、メラニンの排泄が上手くいかなくなって、肌にいつまでも黒いままの部分ができてしまいます。
これが「シミ」の原因の1つです。これには、肌が赤くなる紫外線B波(UVB)だけでなく、紫外線A波(UVA)も大きく関わっています。
紫外線A波(UVA)は雲や窓ガラスを通り抜けるので、晴れた日以外でも、室内でも肌に影響を与えてしまうのです。
そのため、長年の紫外線の蓄積によっておこるシミ対策のためには、年中浴び続ける紫外線A波(UVA)は特に注意が必要なのです。

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日やけ・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ

コラム一覧へ戻るコラム一覧へ戻る