大人ニキビ、思春期のニキビと何が違うの?

大人ニキビ、思春期のニキビと何が違うの?大人ニキビ、思春期のニキビと何が違うの?

イメージ画像大人になってからでき始めたニキビ、思春期の頃と同じケアをしていませんか?
毛穴がふさがったところに、皮脂が詰まったり炎症を起こしたりしてしまうニキビ。ニキビができる仕組みはどちらも変わりませんが、毛穴がふさがってしまう、もともとの原因は思春期と成人以降では異なります。

思春期のニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によるものがほとんどです。ホルモンの働きが高まり、皮脂が過剰に分泌することで、毛穴が詰まったり汚れやすくなり、これがアクネ菌の繁殖を招きニキビを引き起こしてしまいます。原因がはっきりしているため、思春期のニキビはまめな洗顔や清潔を心がけることである程度予防ができます。一方、生活習慣が原因の大人ニキビは、原因がひとつではないことが多く、対策がより複雑になります。

偏った食生活、睡眠不足、ストレス、乾燥、便秘、新陳代謝の悪化…これらはすべて、大人ニキビの原因と関連しています。まずは生活習慣全体を見直し、肌が生まれ変わる本来のリズムを取り戻しましょう。

女性は、ホルモンバランスの乱れがニキビの原因ともなるので、より注意が必要です。特に排卵後から月経前にかけては、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加し、皮脂の分泌を促します。そのため、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。生理前は脂っこい食事を避け、ビタミンを多くとるよう心がけるなど、自分の生理周期を知り、上手にお手入れに役立てましょう。

POINT!POINT!
メラノCC ビューティーコラム一覧へ
ページトップへ

関連する製品