かきむしり

お風呂後のケアでかきむしらないキレイ肌を手に入れる!お風呂後のケアでかきむしらないキレイ肌を手に入れる!

肌本来のバリア機能をUP!肌本来のバリア機能をUP!

寒くなると肌が白く粉をふく、入浴後や就寝中に肌がかゆくなる、無意識にかきむしって肌を傷つけてしまう。これらに心当たりがある方は、かゆみの原因の一つである乾燥をケアしましょう。

通常、肌は外部から自身を守る"バリア機能"が備わっています。 このバリア機能の重要な役割を果たしている1つが皮脂膜です。皮脂膜汗と皮脂でできた天然の乳液のようなもので、肌の表面を覆うことで"バリア機能"が働き、肌の内側の水分が逃げないように閉じ込めてくれると共に、外部のさまざまな刺激から肌を守っています。

特に秋冬は気温が下がり、皮脂や汗の分泌が減ってしまうことから、皮脂膜が十分に作れなくなってしまいます。皮脂膜が壊れると水分が逃げ、肌の乾燥が進み、刺激が中まで入り込んできやすくなり、かゆみなども生じます。さらに秋冬は空気も乾燥するため、乾燥肌や敏感肌になってしまいがちです。

乾燥するとかゆい⇒かゆいと掻いてしまう⇒バリア機能が崩れる⇒さらに乾燥する…といった悪循環。この負のスパイラルをどこかで断ち切る必要があるため、かきむしってしまう前にかゆみを止める&保湿をすることが治療のポイントとなります。

ガサガサかかと・ぶつぶつ皮めくれ®の写真

保湿剤としておすすめなのが「ヘパリン類似物質」。ヘパリン類似物質は保湿力が高い成分で、角層の構造(ラメラ構造)を整える事で肌本来のバリア機能を回復させます。さらに抗炎症効果や、かき跡を修復する作用ももつ優れた成分なのです。
治療薬を使用するのは、水分が蒸発しやすいお風呂上り直後のタイミングが効果的です。かゆみを抑えて夜ぐっすりと眠れるよう、毎日の習慣にしたいですね。

上記の症状でお困りの方へ上記の症状でお困りの方へ

メンソレータムへパソフトメンソレータムへパソフト
かきむしり乾燥肌の治療薬
メンソレータム®へパソフト®クリーム第2類医薬品
気になるかき跡を修復しながらかゆい乾燥肌に効く。かきむしる前に。
日本初!ヘパリン類似物質(保湿成分)×ジフェンヒドラミン
(かゆみ止め成分)の組み合わせによるアプローチ
お肌のケアコラム一覧へもどるお肌のケアコラム一覧へもどる

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日焼け・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ
お肌のケアコラム一覧へもどるお肌のケアコラム一覧へもどる