頭皮のかゆみ

アタマのかゆみ、放置は危険?6人に1人が悩んでる?頭皮のかゆみは放っておくと危険

真夏はもちろん、残暑の季節も暖房がききすぎる冬も「汗」の悩みはつきない。脇や背中、首筋を流れる汗をぬぐい、制汗スプレーや汗ふきシートを持ち歩く人も男女問わず増えた。
ところが、頭だけは出先で思い切り拭くこともままならず、何度も洗うのは現実的ではない。

頭のかゆみやニオイが気になっているのに放置しておくと、症状が悪化したり頭皮のダメージにもつながる。周囲を不快にさせない身だしなみとしても気をつけたいが、どう対処すればよいのか。

暑くなって汗をかくからか、頭皮のかゆみが止まらなくなりました。触ってみると、おできのようなものができている。
皮膚科へ行くための時間をすぐ作れるわけでもないし、面倒なんですよね。そのうち治るだろうと毎日、丁寧にシャンプーして、きちんと髪を乾かして眠るようにしていたんですが、どんどんかゆくなりました。
頭をかく回数が増えているよ、と家族から指摘されました。

(30代・会社員男性)
アタマのかゆみ

鏡をじっくり見る習慣があまりない男性の場合、髪で隠された腫れや湿疹に気づかぬまま過ごし、ある日突然、肩にフケやめくれた頭皮がたくさん落ちて初めて頭皮湿疹になったと気づく人が多い。
更にかゆみがひどくなって頭をかきむしったり、炎症をそのままにしておくのは頭皮にダメージを与えるため、薄毛の原因につながることもある。身だしなみのためにも、薄毛を招かぬ健康な頭皮づくりのためにも早めの処置を心がけたい。

そんな人には、薬局や薬剤師がいるドラッグストアで購入できる新しい『メンソレータム メディクイックH ゴールド』がおすすめだ。

メディクイックH ゴールド

メディクイックH ゴールド

『メンソレータム メディクイックH ゴールド』は、かゆみやぷつぷつなど、頭皮湿疹のつらい症状をしっかり抑えて治す治療薬。これまではダイレクトヘッドという先の細いノズルから患部に塗るものだったが、頭皮湿疹に着目した治療薬としては初めて「スポンジヘッド」を採用した。

スポンジヘッド

これまでのダイレクトヘッドの場合は、後頭部など見えにくい場所には使うことが難しく、広範囲には塗りづらかった。
ところがスポンジヘッドの場合、薬剤がしみたスポンジを頭皮に直接、面で塗るので液だれせず使いやすく、患部に密着するのでしっかり浸透する。また、スポンジ部分が柔らかいため、湿疹の炎症部分に痛みを感じず使用できる。

また、日々できるケアとして「メディクイックH頭皮のメディカルシャンプー」もおすすめだ。
頭皮湿疹を患った夫のために、シャンプーを買いかえた女性もいる。

家族全員で同じシャンプーを使っていたのですが、去年、頭皮湿疹になった夫だけフケやかゆみを防ぐシャンプーへ変えました。
本人も気にしているみたいで、以前に比べて丁寧に頭を洗ってすすぎをしているようです。お風呂の時間が長くなりました。
過労やストレスも頭皮湿疹の原因になると聞いたので、あまり無理しないでほしいですね。

(30代・団体職員女性)

頭皮湿疹のように、一見、どこも具合が悪そうに見えない疾患の場合、とかく病院へ行くのは後回しにされがちだ。とくに男性は、専門医に診察してもらう億劫さが先に立ち、足が遠のく。

頭皮に潜む常在菌

そもそも頭皮湿疹とは、汗によるかぶれだけでなく、シャンプーでよく洗えていない、逆に洗いすぎ、空気が乾燥しているなど、季節を問わずさまざまな原因をきっかけにして起きる。その症状のひとつであるかゆみやフケは、頭皮に潜む常在菌が皮脂を分解、その代謝産物による刺激が炎症を引き起こした末に発生すると言われている。

頭皮湿疹を発症した時は薬が必要だが、頭皮のトラブル対策として「メディクイックH頭皮のメディカルシャンプー」で日々の予防につとめるのもよさそうだ。

メディクイックH頭皮のメディカルシャンプー

メディクイックH ゴールド

肩に落ちるフケは自分で考える以上に目立つものだ。フケの積もった肩を放置しておいては、取引先や同僚からも、最低限の身だしなみが整えられない人だと判断されかねない。

フケやかゆみといった症状が出る前は、原因菌の増殖と炎症を抑える成分が配合されたシャンプーで予防につとめ、もし症状が出たら、放っておかずにすぐに医薬品で対処するのがよさそうだ。

関連する製品

関連するブランド

関連するコラム

関連するスペシャルコンテンツ

皮膚のトラブルケア お肌に関する悩み解決

  • 知って得する お肌のお悩みコラム
  • お肌のお薬 成分辞典

UV・日焼け・紫外線対策研究室

  • 製薬会社の取り組み
  • 知っておきたい紫外線のあれこれ
お肌のケアコラム一覧へもどるお肌のケアコラム一覧へもどる