目のトラブルについて

飛蚊症

目の前を蚊が飛んでいるように黒い影が動いて見える症状を言い、何らかの原因で目の中の硝子体に濁りが生じた時に現れます。

原因

正常な硝子体はゼリー状の無色透明な組織ですが、加齢等で変性し濁りがあると影となって網膜に映り、蚊や水玉のように見えるものが正体です。

対策

眼底検査をして生理的なものと判ればそれほど心配はいりませんが、急に発症したり増えたり色が濃くなったりしたら合併症の恐れがあります。早めに医師への受診をおすすめします。また、網膜剥離の初期に飛蚊症が見られることがあります。

〈参考〉
光視症

目を閉じていても光が見えたり走ったりする、視細胞が機械的に刺激された症状を言います。細胞膜裂孔形成や網膜剥離等による場合もあります。