目のトラブルについて

白内障(しろそこひ)

目の水晶体が白く濁り、視力が低下して「目がかすむ」症状です。(近視では遠くが、逆に老眼では近くが見にくくなりますが、白内障の場合は遠くも近くも霧がかかったようにぼんやりとかすんで見えます。)初期段階では、水晶体の濁りが光を乱反射して「まぶしい」という症状が現れたり、核から濁り始めた場合に水晶体の屈折率が変わって、一時的に近くが見えやすくなる事もあります。

原因

大多数は加齢による水晶体の混濁から来る「老人性白内障」です。他には糖尿病に起因するもの、先天性、ボールが目に当たることで水晶体に傷がつく外傷性の白内障があります。

対策

まずは専門医に相談して下さい。
いったん混濁した水晶体を再び透明化させることはできません。根本的に治療するには、濁った水晶体を取り除いて人工レンズを装着する手術を行います。