目のトラブルについて

緑内障(あおそこひ)

閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障(急性)
目に激痛が起こる他、頭痛や吐き気、嘔吐等の症状を伴うことがあり、脳腫瘍等の他の疾患と間違えられやすいので注意が必要です。
開放隅角緑内障
自覚症状はほとんどありませんが、視力が低下したり、かすんで見えたり、虹が見えたりすることもあります。進行してくると視野が狭くなり失明に至る場合もあります。

原因

何らかの原因で眼圧(目の内部の圧力)が高まり、視神経が圧迫されて起こる病気です。40才代頃から増え始め、年齢とともに増加する傾向があります。血管収縮剤の点眼等でも急性発作が起こる事があり、注意が必要です。

対策

まずは専門医に相談して下さい。医療機関で受けられる治療法には、次のようなものがあります。

閉塞隅角(へいそくぐうかく)緑内障(急性)
発作時はピロカルピン(房水の排出を促す薬)頻回点眼等で直ちに眼圧を下げ、その後再び発作が起きないようにレーザー治療(虹彩に孔を開け、房水が前房に排出されるバイパスを作る)を行います。
開放隅角緑内障
β遮断薬点眼や炭酸脱水酵素阻害薬内服等、房水が作られるのを抑える薬で眼圧をコントロールします。薬剤だけでは不十分な時は、必要に応じて手術やレーザー治療で房水の流れを改善します。