vol.3

女優・歌手
柴咲 コウ

はじめから読む

凛とした美しさで、男女ともに幅広い世代から支持されている、柴咲コウさん。昨年に引き続き、「極潤プレミアム」第2弾CMでも、その美肌を披露していただています。歌手としてのご活躍はもちろん、来年1月8日には、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」がスタート。ロケ撮影が続く多忙な日々を送るなか、その美しさを維持している秘訣とは・・・・。内面からのケアをだいじにする柴咲さんの、美肌の秘訣を伺いました。

relay_column_15

最近はアーユルヴェーダを意識しています。

お芝居や音楽活動で日々お忙しいかと思いますが、普段から気をつけている美容習慣はありますか?

 寝ることです。寝ていないとすごく顔に出ちゃうので、たくさん寝るようにしています。アーユルヴェーダの診察を受けてわかったことですが、私はたくさん寝た方が良いって言われて。やった〜! って(笑)。昔からなんですけどね。(笑)
 今年は、自分の生活改革をしようと思っている年で、朝は6時に起きるように頑張っています。前は不規則で、2時3時まで起きていたのですが、考えてみると、一回眠気がくるのに我慢して起きていた、ということに気付いたんです。我慢はしないで、夜やろうと思っていたことは朝起きてからやろう、って潔く諦めたら、効率も良くなりましたね。ツアー中は全体的に生活がずれてしまうので、いまはツアーが終わったばかりで、少し時差ボケが続いているような状態。早く元に戻したいなって思っています。

その他、食生活で気にされていることなどはありますか?

 体にいいものが好きです。仕事が終わって何もなかったら、できるだけ自分で作るようにしています。ジャンクフードは嫌いですし、間食もあまりしない。それでも間食を摂るときって、やっぱり疲れていたりストレスを感じているときなんですよね。
 そして、食にすごく興味がある方ではないんですよ。痩せやすい人太りやすい人溜め込みやすい人、いろいろ体質があると思うけど、私はたぶん、痩せやすく栄養が滞りやすい体質なんですよ。だから、気が付くと食べるのを忘れていることもあって。なので、意識して栄養のある食事を摂るようにしています。

なるほど。ご自身の体質をよく理解して、管理されているんですね。最近特に好きな料理メニューはありますか?

 これもアーユルヴェーダのクリニックで教えてもらったことですが、インドの「ギー」という生成されたバターを使った料理が、本当に美味しいです。オイル代わりに使うのですが、バターの風味がすごく香って、にんにくを入れたりすると、もうそれだけで味付けがイタリアンになるんです。

relay_column_16

断捨離すると視界もすっきり!

いま特に疲れが溜まっている時期かと思いますが、そういったときに、これまで伺った普段の習慣に加えて、特別にされていることは何かありますか?

 断捨離、ですね。生活が乱れていると、やっぱり物も増えているんですよ。整理すると視界もすっきりして、メンタル面にも効果的です。私は、割とストレスを感じやすいタイプなんです。だから、ひとりでいる時間が大事。自分の自由な時間の中で、考えたり考えなかったりして、それで10時間くらい寝てすっきりする、というのが、私にとってのストレス解消法です。

relay_column_17

肌のハリとかツヤとか……、すべては水分です。

美意識の高い方々と交流される機会もあると思いますが、そういった情報交換の中から見つけた、柴咲さんに合った美容法はありましたか?

 延々続けているのは白湯生活です。これだけは地道にできています。朝一番はじめにやることはお湯沸かすこと。お水じゃなくて。肌のハリとかツヤとかって言いますけど、すべては水分だから。それを上手に吸収してくれるような体を作るために、内臓を温める。みんな冷えていると思いますよ。秋〜冬にかけて、夏の疲れが出て、冷えっぱなしだと風邪もひきやすいし。夏に冷えるっていうのも変な話なんですけどね。(笑)

この秋から、柴咲さんが出演している「 極潤プレミアム ヒアルロン液 / 極潤プレミアム オイルジェリー 」の新CM放映が始まりました。撮影中のエピソードを教えていただけますか?

 すごく光沢を意識して撮影していたのですが、美しい仕上がりになっていて良かったなと思います。それと、(極潤プレミアム オイルジェリーでは、)私は月が好きなので、あの神秘的なモチーフもとても素敵でした。

relay_column_18

内面からの強さが、女性としての美しさに繋がっているのかな

来年1月23日に公開される、映画『信長協奏曲』では、信長の正室・帰蝶を演じていらっしゃいますが、柴咲さんが思う、帰蝶の魅力とは?

 作品を振り返って思うのは、本当に一途な女性だと思います。確固たる真の強さ、信じる気持ち。その時代の女性はみんなそうだったのかもしれませんが、そういった内面からの強さが、女性としての美しさに繋がっているのかなと思います。
 それから、いまのような飽和な世の中じゃなかったと思うので、ひとつひとつのものを大事にしている時代だと思います。例えば、髪にしても毎日洗えるわけじゃないから、くしをちゃんと通すことでケアをしたり。あるものを最大限に活かして大事にする、ということも、美しさに繋がっているのではないかなと思います。

relay_column_19

肌表面のことっていうより、全体を考えること。

最後に、柴咲さんの“肌にいいこと”を教えてください。

 私は乾燥肌なのでオイリーな人とはまた違うかもしれないけど、とにかく、保湿は最大限やっています。あと、フタをする。普通に言われているようなことですけどね。私の場合は、お風呂をあがったあと、顔以外のことは浴室で完結させています。水滴を拭いて間もない肌に、オイルやクリームを塗っています。あまり汗っかきではないので、酷暑以外ではなるべくそうしていますね。そして、浴室を出てから顔のケアをしています。
 それと、肌表面のことっていうより、全体を考えることです。人間の体はすべて繋がっていますからね。例えば、筋肉だってちゃんと使えていなければシワになったりしますよね? 顔だけじゃなく、全体を考える、っていう付き合い方をしています。
 付け焼刃的なことはやってもダメです。今すぐ効果が出ることはなくて、やっぱり、時間が必要。かけた時間の分だけ、答えはちゃんと出ると思います。何でも地道に継続することが、美しさに繋がると思いますよ。

relay_column_20

柴咲 コウ
1981年8月5日生まれ。東京都出身。1998年に女優業をスタートし、2002年より歌手活動を開始。日本アカデミー賞をはじめ、数々のアワードで輝かしい受賞歴を持つ、日本のトップ女優であり、歌手である。近年では、2016年7月20日にカバーアルバム「続こううたう」をリリース、2017年1月8日から、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にて主演を務める。

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る