Vol.4

美人は20代から始めてる!? 今日からできるエイジングケア習慣5つ

はじめから読む

20代からエイジングケアをするのは早い!?そうお思いの方も多いでしょう。でも、実は20代から習慣づけておいたほうが後々後悔しません。20歳を過ぎると肌の新陳代謝が低下し始めて、そのまま下り坂に……。そこで、今日からできるエイジングケア習慣を5つご紹介します。

img_allabout2_vol4_01

その1.1年365日、“UVケア”を欠かさない!

紫外線が肌によくないというのは周知の事実ですが、紫外線量が多い春から夏にかけては日焼け止めをしていても、紫外線量が低下する秋から冬になるとサボる人が多いようです。コレが大きな落とし穴!秋冬も紫外線がゼロになっているわけではありません。どの季節でも、日焼け止めを使わずに日中外出するのは肌にとってダメージを与えてしまいます。

ここで、紫外線による肌へのダメージをおさらいしましょう。紫外線は、UVA、UVB、UVCという3つの波長に分かれていますが、地表に届くのはUVAとUVBです。UVAは、太陽から届く紫外線の約9割を占めていて、肌の奥の真皮にまで届き、肌のハリや弾力を失う“光老化”を引き起こす原因になります。また、メラニン色素を酸化させて、肌を黒くする作用もあります。一方、UVBは太陽から届く紫外線の約1割ほどですが、肌への作用が強く、短時間でも肌が赤くなり、炎症やシミの原因にもなります。

このように、紫外線を浴びることで確実に肌は老化の道をたどります。夏と変わらないUV対策をする必要はありませんが、SPF20・PA++前後の日焼け止めを塗って外出することをおすすめします。

その2.日々コツコツと。丁寧なスキンケア

img_allabout2_vol4_02

“お肌の曲がり角”は、みなさん何歳から始まっていると思いますか?諸説ありますが、肌の新陳代謝がいちばん活発なのは20歳と言われています。つまり、20歳を過ぎてしまうと、もうそこからは下り坂……。自分の肌を見て、『すごい老けてるな~』と感じることはないかもしれませんが、20歳を過ぎると、細胞の新陳代謝はゆっくりとにぶってきて、肌サイクルが乱れてくるのです。

20代でいちばん実感するのが、肌の乾燥ではないでしょうか?とくに秋冬になると温度・湿度ともに低下しますから、肌にとっては過酷な時期。それに加えて年齢による肌の新陳代謝の低下により、ますます肌が乾燥してしまいます。そこで、大切になるのが、毎日のスキンケアです。

20代の肌ですから、無理をしてエステやスパに通うことはありません。コスパのいいスキンケアアイテムを見つけて、ケチらずたっぷり使ってみましょう。たっぷりと肌にうるおいを与えて、さらに水分を閉じ込めることで、ふっくらとしたみずみずしい肌に出会えます。

その3.毎日お風呂に入って血行促進!

仕事やプライベートに忙しい20代。家に帰って、クレンジングを落とすだけでもしんどいし、できればこのままベッドに直行したい……。睡眠時間を確保したいから、お風呂に入らずにシャワーだけ、なんて日が続いていませんか?

湯船にゆっくり浸かることは、さまざまな美容効果が期待できます。まず、血液循環が活発になることによって、末端までポカポカと温かくなり、発汗が促進されます。とくに、秋冬は体が冷えやすいので、お風呂に入ることで体を温めましょう。そして、リラックス効果が得られるので、日中のストレスやイライラを軽減することが期待できます。好きな香りの入浴剤を入れて、のんびり浸かることで心も体もリフレッシュできます。入浴後は水分補給を忘れずに! 冷たいものではなく、できれば常温のお水をゆっくり飲むのがおすすめですよ。

その4.ライフスタイルの中に運動を組み込む

img_allabout2_vol4_03

1週間のうちで、何か運動をしていますか? 運動はダイエットにもつながりますが、じつはアンチエイジング効果もあります。おすすめは有酸素運動。筋肉にエネルギーと酸素をたっぷり供給することで、新陳代謝が活発になります。手軽に始められるのがウォーキングです。時間を十分に確保することができないなら、朝少し早く出勤して一駅分歩いてみませんか?いつもより歩幅を大きくするだけで運動効果がぐんとアップします。週末などは、ジョギングや水泳なども取り入れてみましょう。運動を習慣にすることで、太りにくい体にもなりますよ。秋は気候がいいですから、運動をスタートするのにぴったりなシーズンです!

その5.食生活を見直して、栄養バランスのよい食事を心がける

img_allabout2_vol4_04

老化の原因のひとつが「体内の酸化」です。活性酸素が体内で発生することで起こりますが、紫外線、喫煙、ストレスなどによって増加します。そこで、キーワードとなるのが、“抗酸化”です。抗酸化に作用する栄養素をバランスよく摂取することで、体内の酸化を防ぐことができます。

抗酸化にもっともすぐれた栄養素が、ビタミンE。活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、血液循環もスムーズに。体内の代謝をよくするはたらきもあります。一番手軽にビタミンEが摂取できるのが、アーモンド。そのままおやつ感覚で食べてもいいですし、アーモンドミルクもおすすめです。ビタミンEのほか、鉄分や食物繊維、カルシウムなどを豊富に含んでいますから、積極的に摂取しましょう。

普段の食事からこれらの栄養素をたくさんとることが理想ですが、なかなか食事だけでは自信がないという人には、アサイーやチアシード、マキベリーなどのスーパーフードを使ったスムージーがおすすめ。おいしくて、栄養素も高く、その上お手軽に取り入れられるので、私は朝、毎日スーパーフードのスムージーを日課にしています。

美容の世界にいると、40代、50代になっても美しい女性がたくさんいます。美意識が高いことはもちろんですが、20代の頃からコツコツと日々のスキンケアを怠らず、美容情報のアンテナを伸ばしていたからだと思います。10年、20年後の美しさは、20代から育むものだと確信しています。ぜひ、今日から始めてくださいね!

※ 年齢の応じたうるおいケア

【執筆者プロフィール】

img_allabout2_vol4_05

夏目円(なつめまどか)
美容ライターとして18年のキャリアをもつ。20代~50代の女性誌を中心に活躍。㈱宝島社『スウィート』、『GLOW』、『InRed』、『大人のおしゃれ手帖』などを担当。また、ウェブにおいては監修、美容企業でのコラムなども執筆。オールアバウトでは、スキンケアのガイドを務める。自身のホームページでは、最新の美容情報、気になるコスメやスキンケアを取り上げた美容ブログを配信中。 http://www.natsumemadoka.com

この記事をtwitterでツイートする この記事をfacebookででシェアする
twitterでツイートする facebookでシェアする lineで友達に送る
はじめから読む 記事一覧