日本語 | ENGLISH
Facebookでシェアする
Twitterでつぶやく
忍者、それは「心・技・体」のエキスパート。高い精神力と、幅広い知識、丈夫で健康な体で、戦乱の世を強く生き抜いた。忍術の中で彼らが独自に築き上げた薬学は、後に伊賀の地を薬の里として大きく発展させた。奇しくも忍者の日(2月22日)に創業し、伊賀に工場を構え製薬を続けているロート製薬は、薬のいらない健康で健やな世の中をつくるために、今いちど忍者の「心・技・体」を見習う必要があると考え、ロート製薬×NINJA NIPPON PROJECTを始動させたのだった。
激動する現代を生きる世界中の人々を健康にしていくために。
一滴爽快之術
防痛風聖散之術
一滴爽快之術
防痛風聖散之術

ロート製薬も一目置く忍者とは?

忍びの心

忍者の任務は、危険と常に隣り合わせ。不測の事態にも適切な判断と行動ができるよう、何事にも動じない強い精神を持っていた。その基本は、心と体が一体である状態「心身一如」。厳しい修行の末に手に入れたその精神こそが、忍者の体と任務遂行能力を支えていたのだ。

忍びの技

忍者は厳しい環境や任務の中で生き残るために、数学、物理学、地学、天文学、植物学はもちろん、科学知識や薬学に関する幅広い知識までも備えていた。それらの知識を組み合わせ、その時々に必要なものをつくって使う、「総合生活力」とも言えるその生き抜く技こそが忍者の強さの秘訣なのだ。

忍びの体

忍者食として有名な「兵糧丸」は、カロリー摂取が出来るだけではなく、漢方の力で脳と精神の疲労まで回復してくれたという。また薬学の知識を活かして薬草から体調の不良に効く薬を作り出すこともあった。 忍者は、運動能力に優れた強い体だけではなく、食や薬のサポートで健康な体も併せ持っていたのだ。

監修:日本忍者協議会

忍者のヒミツ視力の巻

忍者は敵地に隠れて潜り込み、暗闇の中で任務を遂行する事が多い。
その中で素早く状況を把握し行動するためには、遠くを見るための視力よりも、
暗闇の中で見える視力の方が大事であった。
忍者たちは「明眼之法」と呼ばれる修行で、明るい場所から暗闇へ、
暗闇から明るい場所へ出入りを繰り返すことによって目を鍛えていたのだ。

現代人にもオススメの修行ピント合わせの術

自分の指を見つめてから、その奥にある障子の四隅を見る。
これを繰り返し行なってみるのじゃ。
かつての忍者も、この修業によって遠近のギャップにも瞬時に反応できるピント調節能力を養っていたのじゃ。

現代人は、パソコンやスマートホンなど、近くばかりを見ているせいで、疲れ目になる人がとても多い。
先人の忍者のように、遠近両方を見る修行を仕事の合間に行うことで、疲れ目を防ぐことが出来るぞよ!

疲れ目の現代人にはコレじゃ!一滴爽快之術
ロートジーb

清涼感レベルが「8」の目覚めるような気持ち良さ。超爽快リフレッシュ系の目薬でござる。6つの有効成分がしっかり効いて、疲れ目・充血をリフレッシュ。また、硫酸亜鉛水和物配合で、スポーツ後などの紫外線による炎症も改善できるのだ。アウトドアシーンにもオススメでござる。

ドラッグストア等で販売中でござる!

※この限定デザインは日本忍者協議会に公認されています。

販売名 ロートジーb
リスク区分 第2類医薬品
効能・効果 目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、結膜充血、目のかゆみ、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかすみ(目やにの多いときなど)

忍者のヒミツ体づくりの巻

足場の悪い山道や敵城において、重い刀や忍具を持ちながら素早く行動するためには、
強靭な筋力の維持と、肥満を避ける必要があった。
過酷な修行によって体脂肪を絞ったり、
60kgもある米俵を人差し指と親指だけで持ち上げる鍛錬、
運動効率を最大限まで高める動きで、俊敏な身のこなしや跳躍力を手に入れていたのだ。

現代人にもオススメの修行ナンバ歩きの術

ナンバ歩きは右手と右足、左手と左足というように踏み出す足と体をあわせる独特の歩法じゃ。
忍者も行っていたこの歩法は、足腰への負担が少なく疲れにくいことから、
近年でもスポーツや健康の分野で脚光を浴びているようじゃ。
現代人は生活習慣の悪化によって肥満や足腰へ負担をかけてしまう人が増えているようじゃ。
仕事や勉強、スポーツといった任務をしっかりこなすために忍者のように疲れにくい歩き方を意識してみるとよいぞ。

脂肪に悩む現代人にはコレじゃ!防痛風聖散之術
新・ロート防風通聖散錠Z

「新・ロート防風通聖散錠Z」は、交感神経に働きかけるマオウや、脂肪代謝経路に働くカンゾウ・ケイガイ・レンギョウ、溜まった老廃物の排泄に働くダイオウなど、18種類の生薬からなる漢方薬だ。生活習慣などによる肥満症で悩んでいる人にオススメでござる。

ドラッグストア等で販売中でござる!

※この限定デザインは日本忍者協議会に公認されています。

販売名 新・ロート防風通聖散錠Z
リスク区分 第2類医薬品
効能・効果 体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
日本忍者協議会は、NINJA NIPPON PROJECTで、忍者を世界発信していきます

忍者は、海外では大変な人気があるにも関わらず、そのイメージは多種多様です。国や忍者に関連する自治体を中心に設立された日本忍者協議会は、 忍者のイメージや情報を集約・ブランディングし、日本の文化、価値を世界に発信していくべく“NINJA NIPPON PROJECT”を立ち上げました。プロジェクトに共感する、企業・団体・個人のみなさまとともに忍者で日本を盛り上げていきます。

※日本忍者協議会とは?
これまで謎に包まれてきた忍者という存在を日本の文化資産として世界に発信すべく作られた、
自治体等によって構成される世界唯一の忍者の公式組織です。

忍者協議会 WEBサイト
忍者、それは「心・技・体」のエキスパート。高い精神力と、幅広い知識、丈夫で健康な体で、戦乱の世を強く生き抜いた。忍術の中で彼らが独自に築き上げた薬学は、後に伊賀の地を薬の里として大きく発展させた。奇しくも忍者の日(2月22日)に創業し、伊賀に工場を構え製薬を続けているロート製薬は、薬のいらない健康で健やな世の中をつくるために、今いちど忍者の「心・技・体」を見習う必要があると考え、ロート製薬×NINJA NIPPON PROJECTを始動させたのだった。
激動する現代を生きる世界中の人々を健康にしていくために。
一滴爽快之術
防痛風聖散之術

ロート製薬も一目置く忍者とは?

忍びの心

忍者の任務は、危険と常に隣り合わせ。不測の事態にも適切な判断と行動ができるよう、何事にも動じない強い精神を持っていた。その基本は、心と体が一体である状態「心身一如」。厳しい修行の末に手に入れたその精神こそが、忍者の体と任務遂行能力を支えていたのだ。

忍びの技

忍者は厳しい環境や任務の中で生き残るために、数学、物理学、地学、天文学、植物学はもちろん、科学知識や薬学に関する幅広い知識までも備えていた。それらの知識を組み合わせ、その時々に必要なものをつくって使う、「総合生活力」とも言えるその生き抜く技こそが忍者の強さの秘訣なのだ。

忍びの体

忍者食として有名な「兵糧丸」は、カロリー摂取が出来るだけではなく、漢方の力で脳と精神の疲労まで回復してくれたという。また薬学の知識を活かして薬草から体調の不良に効く薬を作り出すこともあった。 忍者は、運動能力に優れた強い体だけではなく、食や薬のサポートで健康な体も併せ持っていたのだ。

監修:日本忍者協議会

忍者のヒミツ視力の巻

忍者は敵地に隠れて潜り込み、暗闇の中で任務を遂行する事が多い。その中で素早く状況を把握し行動するためには、遠くを見るための視力よりも、暗闇の中で見える視力の方が大事であった。忍者たちは「明眼之法」と呼ばれる修行で、明るい場所から暗闇へ、暗闇から明るい場所へ出入りを繰り返すことによって目を鍛えていたのだ。

現代人にもオススメの修行 ピント合わせの術

自分の指を見つめてから、その奥にある障子の四隅を見る。これを繰り返し行なってみるのじゃ。かつての忍者も、この修業によって遠近のギャップにも瞬時に反応できるピント調節能力を養っていたのじゃ。
現代人は、パソコンやスマートホンなど、近くばかりを見ているせいで、疲れ目になる人がとても多い。先人の忍者のように、遠近両方を見る修行を仕事の合間に行うことで、疲れ目を防ぐことが出来るぞよ!

疲れ目の現代人にはコレじゃ!一滴爽快之術
ロートジーb

清涼感レベルが「8」の目覚めるような気持ち良さ。超爽快リフレッシュ系の目薬でござる。6つの有効成分がしっかり効いて、疲れ目・充血をリフレッシュ。また、硫酸亜鉛水和物配合で、スポーツ後などの紫外線による炎症も改善できるのだ。アウトドアシーンにもオススメでござる。

ドラッグストア等で販売中でござる!

※この限定デザインは日本忍者協議会に公認されています。

販売名 ロートジーb
リスク区分 第2類医薬品
効能・効果 目の疲れ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、結膜充血、目のかゆみ、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかすみ(目やにの多いときなど)

忍者のヒミツ 体づくりの巻

足場の悪い山道や敵城において、重い刀や忍具を持ちながら素早く行動するためには、強靭な筋力の維持と、肥満を避ける必要があった。過酷な修行によって体脂肪を絞ったり、60kgもある米俵を人差し指と親指だけで持ち上げる鍛錬、運動効率を最大限まで高める動きで、俊敏な身のこなしや跳躍力を手に入れていたのだ。

現代人にもオススメの修行 ナンバ歩きの術

ナンバ歩きは右手と右足、左手と左足というように踏み出す足と体をあわせる独特の歩法じゃ。忍者も行っていたこの歩法は、足腰への負担が少なく疲れにくいことから、近年でもスポーツや健康の分野で脚光を浴びているようじゃ。
現代人は生活習慣の悪化によって肥満や足腰へ負担をかけてしまう人が増えているようじゃ。仕事や勉強、スポーツといった任務をしっかりこなすために忍者のように疲れにくい歩き方を意識してみるとよいぞ。

脂肪に悩む現代人にはコレじゃ!防痛風聖散之術
新・ロート防風通聖散錠Z

「新・ロート防風通聖散錠Z」は、交感神経に働きかけるマオウや、脂肪代謝経路に働くカンゾウ・ケイガイ・レンギョウ、溜まった老廃物の排泄に働くダイオウなど、18種類の生薬からなる漢方薬だ。生活習慣などによる肥満症で悩んでいる人にオススメでござる。

ドラッグストア等で販売中でござる!

※この限定デザインは日本忍者協議会に公認されています。

販売名 新・ロート防風通聖散錠Z
リスク区分 第2類医薬品
効能・効果 体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症
日本忍者協議会は、NINJA NIPPON PROJECTで、忍者を世界発信していきます

忍者は、海外では大変な人気があるにも関わらず、そのイメージは多種多様です。国や忍者に関連する自治体を中心に設立された日本忍者協議会は、 忍者のイメージや情報を集約・ブランディングし、日本の文化、価値を世界に発信していくべく“NINJA NIPPON PROJECT”を立ち上げました。プロジェクトに共感する、企業・団体・個人のみなさまとともに忍者で日本を盛り上げていきます。

※日本忍者協議会とは?
これまで謎に包まれてきた忍者という存在を日本の文化資産として世界に発信すべく作られた、自治体等によって構成される世界唯一の忍者の公式組織です。

忍者協議会 WEBサイト