ロートCキューブ

  • ホーム
  • コラム
  • 知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方
知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方

知らないと怖い!カラーコンタクトレンズとの正しい付き合い方

面倒だから、お金がかかるからといった理由で、
通信販売などで直接購入したカラーコンタクトレンズを使用していませんか?

コンタクトレンズは、心臓のペースメーカーなどと同じ「高度管理医療機器」。
カラーコンタクトレンズも同様です。目のカーブなどは人それぞれ違います。
その人の生活スタイルや涙の分泌量、近視・遠視の度合いなどに合わせて、様々なレンズがあります。
目に合わないコンタクトを使い続けると、「角膜を傷つけて、眼障害を引き起こす危険性があります」
きちんと目に合ったレンズを眼科の先生に処方してもらうことが大切です。

角膜上皮障害

角膜に炎症が起きたり、「黒目」を覆う透明な膜(角膜上皮)が剥がれてしまう病気。
涙が止まらなくなったり、強い痛みや充血、視力低下を起こす場合もあります。

ソフトコンタクトレンズを使った日は、必ずこすり洗いしましょう(MPSタイプの場合)。
つけ置き洗いだけでは、洗浄・消毒が不完全となり、細菌やアカントアメーバ等の増殖を招き眼感染症を
引き起こす危険性があります。

コンタクトをつけたまま寝てしまうと、角膜に酸素が十分に届けられなくなってしまいます。
「角膜内皮細胞」という角膜の一番内側にある細胞は、酸素不足に陥り死滅すると、二度と再生する事はありません。
うたたね含めて、コンタクトレンズをしたまま寝ないように注意してください。

滴が落ちてくるのが怖くて目薬がうまくさせない、目から目薬があふれるとメイクが崩れる、という理由で、
ノズルを直接目に触れさせて、量を調整しながら目薬をさしたりしていませんか?

目薬の先端がまぶたやまつげ、眼球に触れると、目やにやほこりを吸い込んでしまい、雑菌が増殖してしまいます。正しい目薬の使い方で、あなたの大切な瞳をいたわりましょう。

目薬をさした後は、まばたきをすると涙点から目薬が流れ出てしまいます。
目薬をさしたら、目を閉じて、軽く目頭を押さえましょう。

その他、こんな使い方で合ってる?という疑問やご不明な点は、 お客さまサポートでお答えいたしております。

お客様サポート

  • 目薬・洗眼薬をお使いのお客さま お客さま安心サポートデスク 東京 03-5442-6020 大阪 06-6758-1230 受付時間 9:00~18:00(土、日、祝日を除く)
  • コンタクト関連商品をお使いのお客さま Cキューブお客さま安心サポートデスク 電話番号 0120-610-492 受付時間 9:00~18:00(土、日、祝日を除く)