研究員が語る50の恵®にかける想い 研究員が語る50の恵®にかける想い

スキンケア製品開発部 高橋 京子 スキンケア製品開発部 高橋 京子

「50代、肌の悩みが増えたのに自分に合う化粧品が見つからない」「50の恵®養潤液®」は社員の母親の声から誕生しました。 「50代、肌の悩みが増えたのに自分に合う化粧品が見つからない」「50の恵®養潤液®」は社員の母親の声から誕生しました。

「50の恵®養潤液®」の開発 「50の恵®養潤液®」の開発

50代になると肌に変化が起きてくるものです。しかし「50の恵®養潤液®」が誕生する以前、50代向けのスキンケアは百貨店の高級化粧品ラインか通販商品が主流でした。身近に売っていなかったので、簡単には見つけられなかったのです。

ロート製薬はそんな「肌変化」と「化粧品探し」に悩む社員の母の声を聞き逃しませんでした。本当にみんなが困っているのなら、何とかしなければ!ロート製薬の技術があれば、絶対に対応策は見つかるはずだ!その決意を胸に、あらためて同世代の女性たちに調査を実施。すると「ハリのなさ、乾燥小じわ、うるおい不足など肌トラブルがいくつも出てきた」「自分向けの商品が見当たらない」といった同じ悩みが次々に。よし、決まった、50代向けにドラッグストアでも手軽に買える商品をつくろう。

めざすは50代にふさわしい中味であること。そして使いやすいこと。「50の恵®養潤液®」がオールインワンにこだわる理由も調査の声にありました。「ライン使いは面倒だ」これが本音だったのです。今を生きる忙しい50代女性たちの力になりたい、頼られる存在になりたい、「50の恵®養潤液®」の開発はそんな想いを込めて始まったのです。

理想をカタチにするのは難しい、ロート製薬には長年培ってきた技術がある。 理想をカタチにするのは難しい、ロート製薬には長年培ってきた技術がある。

「50の恵®養潤液®」の開発 「50の恵®養潤液®」の開発

「めざす方向は決まった、あとは製品化するだけだ」とは言うものの、市場にない商品は、そもそも開発が難しい商品でした。

「50の恵®養潤液®」は効果とオールインワンにこだわりたい。それを叶えるにはたくさんの成分を配合することが必要でした。しかし成分が増えるに従って、その組み合わせや配合比率を間違うと使用感が悪くなったり、製剤が安定しなかったり、難易度は高まっていきます。

それでも「仕事を持ち十分なスキンケアもままならない母や、同じ世代の人に喜んでもらいたい」「もういちど美しくなる愉しみを味わってもらいたい」その情熱を糧に、手間を惜しまず何百通りもの処方を試行錯誤。研究に没頭する日々の中で一歩ずつ「50の恵®養潤液®」を完成させていったのです。そこで活かされたのがロート製薬が培ってきた研究開発技術。成分の配合は、いわばロート製薬の本領です。無数の処方の可能性から、最良の処方を見つけ出す。「50の恵®養潤液®」の高い品質は、ロート製薬だからこそ生み出せたのです。

やがて50の恵®はヘアケアにも力を入れ始めます。50代の悩みは肌だけではなかったのです。週一回で白髪がよく染まるカラートリートメント。お出かけ前の白髪かくし。使いやすさを追求した泡の育毛剤など。どれも効果にこだわり、白髪・薄毛をケアするだけではなく、髪の健康まで考えています。

50代の健やかな美しさをとことん追求した50の恵®で、どうか日々のおしゃれを愉しんでもらいたい。ヘアケアにもスキンケアにも同じ思いを込めて、50の恵®の開発は続きます。

※うるおい成分

ページトップ ページトップ